忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/17 02:42 】 |
仮面の忍者赤影 サムネでネタ晴らしするなや~
 第14話「卍党編:謎のまんじ党」織田信長による天下統一が着々と進んでいる最中、南蛮船が立て続けに沈没させられる怪事件が発生していた。ある日竹中半兵衛と堺の泉州屋を訪れていた信長は、南蛮船の船長からもらったという「ゼウスの鐘」を見せてもらう。しかしその直後、2人の賊が鐘を奪おうと襲い掛かってきた!

オープニングも一新
あのバックが水玉なのが面白かったんだけど
私の印象に残ってたのは、金目教のオープニングだけだったのね

ポルトガル戦の沈没をどう表すのかと思ったら
影絵というのもアナログで面白い
帰って戦国時代っぽくて良いかも
信長さまと竹中半兵衛(里見さん)登場
ちょっと青井輝彦似の役者さんですね

しかし、アクアラングを使う青影と白影さん
レボルバーの拳銃を使う泉州屋
もう何でもありと思ったら
卍党忍者のぶっ飛んでいること;;;
ファイヤー!!ってかけ声は何;;;
この人らは、南蛮忍者なのか??
大卍ものっけから登場

ソーラーレイを使う白影さん
うむむ、金目教も凄いと思ったけど
こんなにぶっ飛んでたっけ??
卍党編;;;
出てくる人物、信長さまとかね、の装束が時代に合ってるけど
完全に別世界だわ

ギヤマンの鐘を巡る冒険壇の始まり始まり


第15話「卍党編:小法師白蝋鬼」
新たに出現した謎の敵・卍党に、宣教師ジュリアン・ペドロ一行が襲撃された。報を受け­た赤影はそこに蝋にまみれた死体を目撃する。一方、卍党に拉致されたペドロは尋問を受­けていた。卍党が狙うのは、超エネルギーの製造方法を記した3つの鐘。そこへ救出に現­れた赤影がみた敵の正体とは...?

ジュリアン大泉さん 登場

馬車を走らせる、信長の部下達、しかし、あんな馬車あったのかね~19世紀っぽいけど??まあ、いいや
白い石柱が
赤影さん達が駆けつけると、すでに遅し
マーブルチョコを食べる青影
現れる不知火天馬、
しかし、3人の敵ではない
気絶する不知火天馬・・・なんつーか、凄い顔だ
赤影さんがマスクを被って潜入することに
目が全然違うからばれてしまいそうだけど
音波を使って湖に道を造る、卍党の下忍(既に、ショッカーや黒十字軍の戦闘員っぽいコスチューム;;;)
湖の底の基地にマントにウエットスーツの卍党(南蛮忍者)が
白尽くめが首領
不知火天馬に化けた赤影さんがジュリアンを拷問することに

そのころ、青影と白影さんの前に
小人忍者・白蝋鬼が・・・蝋固めされてしまう二人
マスク越しなので声が聞き取れないのが残念
影凧を使う白影さん

首領が戻ってくると、不知火天馬ひとりだけ
ジュリアンはどこに言ったの答は
「私知らない。しらない天馬」(爆)
首領を組み敷く赤影さん
しかし、首がぽろりと取れて
その首を胴体が拾って高笑い
どういう特撮なんだろう?

首領の正体は甲賀幻妖斎!!

サムネでネタ晴らしするなよ;;;
他にいくらでも面白いシーンあるじゃない
ジュリアンさんの
「あかかげ~、また会えたな。」

逃げ回るジュリアンと赤影さん
この立ち回りがコミカルで最高
ジュリアンさんの演技も最高
BGMもグッド
下りエスカレーターに乗せられてしまうジュリアンさん
「アベベと同じね」(爆)

やっと逃げ出すと
白蝋鬼が・・・
「おお、ちっこい、ちっこい」
巨大化した手に握りつぶされる二人
影凧登場
引っ張り上げる青影
しかし、赤影さんだけ?
「Mr.レッド!!私、高いところ苦手、ここにいます!!」
Mr.レッドって・・・あんた、ポルトガル人やろ;;;
高いところ苦手って;;;
なんてワガママな坊さんなんだ;;;
大卍が襲ってくる
振り切ったところで、ジュリアンさんは影も形もない
いわんこっちゃない;;;
マリアの鐘を探すことにする3人だが・・・
PR
【2013/06/22 22:23 】 | 仮面の忍者 赤影 | 有り難いご意見(0)
<<素浪人 花山大吉 11話・12話 | ホーム | 素浪人 花山大吉 9話・10話>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>