忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/14 13:41 】 |
イナズマンF を見終わって
◆イナズマンFをみて

とても面白かった(楽しかったという意味ではなく)・・・
名作だと言われるだけのことがあるな~~
子供向けのはずの特撮番組(20分強)でこれだけのものが描ける・・・
イナズマンFの制作者達の心意気に感謝です。

前作の24話からFの7話までは、ウデスパー編
サブローハカイダーとは正反対のアンチヒーロー・ウデスパーの活躍
一匹狼のアウトローでイケメンだったら格好いいに決まっているけど;;;
地味な外見でも、忠義一途がこれほど格好良いんだと見せてくれたのがすごい・・・
ヒーローもの路線でありながら
ガイゼルの冷酷さ、デスパー軍団の恐ろしさを、見せてくれたイナズマンFの前半
対する五郎さんのサイドには、インターポールの荒井さんという頼りになるパートナー登場
あの当時の子供はどう思ったか分からないけど、荒井さん、渋くてステキですね~
超能力者とサイボーグという異端者がデスパー軍団に人知れず戦いを挑む・・・
キカイダーとはまた別の、孤独な戦い・・・男二人というのが渋くて良いです(子供の時ジローとみつ子さんの絡みが苦手だったので;;;)

中盤はαとβの兄弟・・・
制作側も、どういう路線にしようかと迷いがあったのかも・・・
合体ウデスパーであっさり倒されてしまったのが・・・
どうして正反対のものができるんだろう???だったが
ウデスパー自身にα的な性格とβ的な性格があったんだと、ゴレンジャーの砲丸仮面を見ていて思ったのも何とも言えない:::

そして12話以降は、サデスパー編
ここからが、本当のイナズマンFかもしれない・・・
「デスパーシティ」以降、ヒーローものでも子供番組でもない
本当にハードボイルドな物語が展開する・・・
主役はゲストの女優さん達
美しいだけじゃない、
重い宿命を背負わされているヒロイン達
ユキさん、レッドクイン、テレサさん、ジュンさん・・・
彼女たちの重いエピソードが展開する
イナズマンはここでは傍観者・・・
着ぐるみ怪人が登場することで、逆に、子供物だと安心するという逆転が起こる・・・

重いエピソードの合間に、ヒーローもの路線も登場するのは
「デスパーシティ」「レッドクイン」「蝶とギロチン」「邪魔者は殺せ」
の路線で突っ走ったら、視聴者がたまらないので
ちょうど良い息抜きになっている
でも、死者部隊ルート047なんかは、やっぱりハードで救いがない・・・


◆サデスパーのこと

ウデスパーとサデスパー、同じように参謀として活躍し、同じ声・・・
忠義一途なところも、冷徹なところも同じだけど・・・
やっぱり違う・・・
戦い方もそうだけど、部下のサポートに
サデスパーの個性が感じられて面白い
どじっ子のドリルデスパーをウデスパーと同じように助けてやるサデスパー
でも、サデスパーはマサカリデスパーとハンマーデスパーはばっさりと切り捨てる・・・
ドリルみたいな一生懸命仕事はするけど;;;というタイプをサポートしてやれば、他の軍団員も安心するんじゃないだろうか
部下が安心して仕事に励めれば、効率も上がる
サデスパーはそう考えているのかも知れない・・・

反対に、マサカリとハンマーを切り捨てたのは、勝手なことをやって軍団の和を乱したという判断だったのかも・・・もちろんガイゼルの命令もあるんだけど
行政官だったサデスパー、一生懸命な部下は認めても、外れたことをやる部下は認めないという線引きをしているのかも知れない
戦闘の場合、臨機応変の采配が必要とされるから
サデスパーの部下の扱いはちょっと硬いかも・・・
でも、ウデスパーがイナズマンとの直接勝負にこだわっていた(7話)のに対し、
サデスパーの、レッドクインを使っての暗殺や催眠など、手段を選ばないドライさは行政官らしくていいな~と思う

どんな手段を使っても勝ちは勝ちさ、被害は少ない方が良い

・・・サデスパーはそう言っているような気がする


◆ベストエピソード

個人的には
「レッドクイン」
次点が
「デスパーシティ」

どれも捨てがたいのが事実かも

各話一言コメント;;;
前作

23話 えのぐバンバラ・・・シュールな姿、思いっきり上から目線の言い訳、シュールな最後はゴレンジャー世界の先取り  お勧め度☆☆☆ 

24話 謎のロボット戦士登場、寡黙なロボット戦士の格好いいこと・・・味方になって欲しいロボット戦士ですが、渋いイケメンが労務者のリーダーで登場   ☆☆☆☆

25話 ファントム軍団編の最終回、乗っ取りを謀るロボット戦士、バンバvsイナズマンの割りにあっさりした最終決戦
ラスト怒濤の新展開、ギル様登場!! ☆☆☆☆


デスパー軍団編

1話 ロボット戦士=ウデスパー登場編3部作の最終回、現れるハンマーデスパー、絶体絶命のイナズマンを救う、新パートナー荒井さんの登場!デスパー軍団の冷酷非情さと怒濤の新展開、一気にFの世界に・・・  ☆☆☆☆☆

2話 ノコギリデスパー登場 サファリ計画とはガイゼル総統の趣味=人間狩りのことだった。アーチェリーで射殺される恐怖が味わえます・・・☆☆☆☆

3話 富士カナル作戦担当のバーナーデスパー、デスパーの名を讃えながら死んでいく忠烈ぶりがイカス。渋いイケメンさんはデスパー工作員で登場、インターポール関係で荒井さんと五郎さんが警察と連携を取っているのも現実的な所・・・☆☆☆☆

4話 人間の強欲ぶりに振り回され、イナズマンにバカにされるドリルデスパー哀れ;;;☆☆☆

5話 話自体は大したこと無しだが、美人の女優さんとデスパー軍団のイケメン、マシンガンデスパーが見られます・・・☆☆☆

6話 ナイフデスパー登場、ニュータウンの住民を皆殺しにするデスパー軍団のガチッぷりの恐ろしさよ・・・☆☆☆☆

7話 ウデスパーとイナズマンの最終決戦、決戦自体も名勝負だが、ウデスパーとミスワンとの絡みなど大人っぽい雰囲気が後半のハードボイルド路線につながるのか・・・☆☆☆☆☆

8話 ウデスパーにこだわったばっかりに;;;αとβに振り回されるジェットデスパー哀れ、可愛い女優さん登場・・・☆☆☆

9話 ハサミデスパーとの立ち回りが格好いい、その後βとも、イナズマン五郎さん、お疲れ様です・・・☆☆☆
    
10話 本当は優秀なはずのジシャクデスパーなのに・・・αとβの二人&逆切れ陽子さんに振り回される、イナズマンとジシャクデスパーがたまらなく可哀想;;;αとβを慌てて合体させるガイゼル総統だが・・・☆☆☆☆

11話 合体失敗、サイレンサーデスパー・りえこさん登場・・・☆☆☆

12話 デスパーシティ市長サデスパー登場、ユキさ~~ん!!!名作です・・・☆☆☆☆☆

13話 イケメン・マサカリデスパー登場、発砲しながら「止まらんと撃つぞ!!」という荒井さん;;;鬼婆の頭をマサカリでたたき割るイナズマン;;;サデスパー市長に参謀の地位を取られた腹いせ?にマサカリデスパーをリンチするαとβ;;;その腹いせに合体手術を遅らせるマサカリ;;;ガイゼルの命令をバカ正直に実行するサデスパー;;;殺伐とした人間関係が見られます・・・☆☆☆☆

14話 ゼーバーに不可能はない!大五郎を甦らせてしまったイナズマン、あれ?合体ウデスパーは;;;☆☆

15話 祝!ドリルデスパー復活、相変わらずのドジっぷり;;;あのイケメンさんもダムの技術者で登場・・・☆☆☆

16話 大人っぽい荒井さんとKマヤさんの関係・・・良い子のみんなには、五郎さんとノコギリデスパーのロープーウェイの格闘シーン、お父さん達には、サデスパー市長の洗脳シーンがお勧め;;;☆☆☆☆

17話 多分脳天お花畑の少女につきあってやる五郎さんと荒井さんの優しさ、それに対して、誰も信じないガイゼルの冷血ぶり、デスパーの血筋とは??謎の多かったお話・・・☆☆☆☆

18話 レッドクイン!!!名作です!!!☆☆☆☆☆

19話 ミキサーデスパーの「それはイナズマンが決めることだ」という冷ややかなセリフ、マフラーで目隠ししてしまうのがお約束だが、見えないために一般市民の目の前で、ゼーバーで雷を落とすイナズマンの鬼畜っぷりもナイス・・・☆☆☆

20話 前衛的なお話、テレサさんと五郎さん、運命は二人を敵同士に、そして、ギロチンデスパーの怖いこと、ラストシーンも気味が悪い・・・☆☆☆☆☆

21話 スプレーデスパー登場。何万人も蒸発しているなかに、デスパーに捕らわれ、サイボーグ兵士として送り出される人々が、どれほど射るのだろうか?デスパー軍団の強大さを知らしめる回・・・☆☆☆☆

22話 使命を取るか兄を取るか!私は兄を取る!!でも、悪は必ず滅びると信じているわ!!
双方に義理立てしたジュンさんの取る道は、あれしかなかったのだ・・・F編らしい重いエピソード・・・☆☆☆☆☆

最終回 デスパーの大義か人間の自由か、相容れない二つの大義が激突する・・・できれば前後編にわけて欲しかった。カレンが登場したことで、ガイゼル総統が何者だったのかが分かってしまった回・・・☆☆☆☆☆



◆ベスト・オブ・デスパー軍団


ガイゼル総統・ウデスパー・サデスパーの両参謀は殿堂入りだけど

それ以外で選ぶと、個人的には

ドリルデスパー;;;(ドジだけど一生懸命なのが可愛いです)



キカイダーやイナズマンFがリアルで放送されていた頃、TVを見ていた子供達は、サブローハカイダーに憧れたんだろうけど
この年になると;;;
サブローさんと一緒に仕事をしたいとは思わないな~;;;
後始末全部させられそうだし;;;
でも、ウデスパー参謀やサデスパー市長の下でなら働いても良いかも;;;
二人みたいな上司、どこ探してもいません;;;
特にウデスパーみたいに、公平無私な上司;;;
今の職場クビになったら;;;デスパー軍団に入れてもらおうかな;;;
例え
「生き延びる道が一つあるぞ・・・」
っていわれたとしても;;;

=================================

ちょっと真面目な感想

◆ガイゼルのモデル

最終回のガイゼルの娘をみて、あの当時、子供達はどう思ったのでしょうか
優しいお姉さんを殺してしまうなんて、ガイゼルってなんて恐ろしいんだ
イナズマンが倒してくれて良かった・・・とでも思ったのでしょうか
しかし、一緒にテレビを見ていた大人達は、ガイゼルのモデルになったある人物を思い出したような気がしてなりません

ガイゼル総統、ナチスドイツのヒトラーではなくソビエトのスターリンでは?とジェットデスパーの話の時に思いましたが
カレンという娘が登場したことで、ガイゼル=スターリンだといっそう思えるようになりました。
ガイゼルは娘カレンにとっては、優しい父親のようですが
誰も信じない独裁者スターリンが、心から愛したのは娘のスヴェトラーニャただ一人。
しかし、カレンが父ガイゼルを裏切ったように、
スヴェトラーニャも父親を裏切って、ユダヤ人の恋人の所に行ってしまい、父と娘は断絶状態に近かったという話です。
スヴェトラーニャは父親の死後、アメリカに亡命までしましたので
スターリン父娘の確執は全世界的に知れ渡っていたはずです。

誰も信じない独裁者スターリン、妻のナジェージダ(スヴェトラーニャの母親)はスターリンが手にかけたとさえ言われている・・・
粛正によって殺された人は2500万人~3000万人、それさえも統計と言いきった男。
まさに恐怖の独裁者
戦前の日本の新聞は「スターリンの血の粛清」と大々的に報道したという。
密告が横行し、一般市民も強制収容所への連行に怯え、靴を履き上着をかぶって床に入る毎日・・・(夜中に秘密警察が来て着替える間もなく連れて行かれるため)
政府高官さえ、家族に「秘密警察が来たら、5分待たせろ(その間に自殺するから)」と言い含めていたという
「何故私が連行されるのですか?」
「お前を捕まえなければ、私のノルマが果たせない(つまりノルマの果たせない罪でシベリア送りになる)」
という会話がまかり通っていた世界・・・
デスパーシティはまさに存在していた!!

その独裁者が死んだのが、イナズマンFが放映される20年程前・・・
当時の大人達がまだ思春期だった頃、実際に恐怖の独裁者は存在していた・・・
PR
【2012/04/13 23:36 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 21~最終話  さらば、イナズマン!!!  
イナズマンF、ついに怒濤の最終回へ・・・
もう終わってしまうのかと残念です

第21話「死者部隊ルート047」

雷鳴と共に死んだ人間が生き返った。恐るべき死者部隊ルート047は諸外国の戦場へと戦士を送り込むデスパーの計略だった。スプレーデスパーの命じるまま、ファントム兵士­は荒井の銃をもはじき返してイナズマンに迫る。

スプレーデスパー(村瀬正彦さん)

坊やが出てきたりヒーローもの路線

テレサとギロチンデスパーの話の後だから、ここはヒーローもので・・・
と言う訳なのかも知れない

でも、最終決戦前の地味だけど考えさせられるお話・・・

検問中の警察官が止めた霊柩車には、スプレーデスパーが・・・
殺される警察官
緊急連絡を受け取った五郎さんと荒井さんは、国道47号線に向かうが
やっぱり、イナズマンはインターポールつながりで、日本の警察とも連携を取っているんですね・・・
公安機関にとって、イナズマン=渡五郎の存在は公然の秘密、デスパー軍団の存在も分かっているのでしょう・・・

残された死体はサイボーグだった
何故ファントム兵士の軍服を???いぶかる五郎さん
行方不明(蒸発)した父親を捜していた坊や
変わり果てた姿の父親と対面しますが
死者を蘇らせるスプレーデスパー
生き返る父親・・・
スプレーデスパーは男を操って、二人を廃墟に誘い込むが
ネットも逆転チェストではね返し、逃げ去るスプレーデスパー・・・
もちろん、五郎さんは、スプレーデスパーの作戦に気づいていた
縛り上げられる坊やと五郎さん
10秒で爆発という死者部隊の兵士(坊やのお父さん)は今までのどんな怪人よりも優秀です;;;
(たいていの怪人が10分とか言っていて、ヒーローにあっさりと爆弾を止められるのに)
しかし、五郎さん、縛られたままサナギマンに変身
ポーズを取らなくても変身できるのね;;;

死者部隊ルート047の兵士達登場
ガイゼル総統の作戦・・・死者をサイボーグ兵士にして、内戦を起こしている国に売りつけるというもの
う~~む、デスパー軍団の資金はこうやって稼いでたのね
確かに、弾に当たっても死なない兵士なら喉から手が出るほどほしがる国は多いかも
それに死体なら、それ以上死にっこないし・・・まさにゾンビですね;;;
死者部隊ルート047と戦うイナズマンと荒井さん
確かに撃たれてもほとんどダメージ無し
ただし、荒井さんもサイボーグなので、兵士達をやっつけることができた
スプレーデスパーのネットに捕らえられるイナズマン
ゼーバーも取り上げられて(なかなかやるね~、スプレーデスパー)
「クモの巣にかかったトンボだ」
と言われてしまいます。しかし
「GO!ライジンゴー」
ゼーバーが無くてもライジンゴーがある、あっさり形勢逆転
大立ち回りの後、ゼーバーで粉砕されるスプレーデスパー

坊やのお父さんも生き返ってめでたしめでたしのはずが
浮かない顔の五郎さん・・・
「毎年何万人という人が蒸発している」
「全てがサイボーグ兵士に改造されるわけではない」と慰める荒井さん

しかし、デスパー軍団に捕らえられて、デスパーシティの住民にされたり、改造されて死者部隊になる人々は数多くいるのでしょう・・・
ゾッとするような話です
ナレーションも、サイボーグ兵士達が世界中に送り込まれていると言って〆

う~~ん、デスパー軍団の強大さを感じるな~

子供でもない限り、蒸発(行方不明)になった人を捜すことは、よっぽど事件性でもない限り、警察も動きません
ある日突然、人間が消える・・・もしかしたら、それはデスパー軍団の仕業かも・・・現実味があって恐ろしい話です

それと同じことが、その当時日本で本当に起きていたことを、今では誰一人知らないものはいない・・・


第22話「邪魔者は殺せ ガイゼルの至上命令」

闇をぬい、ビルの谷間を走り、襲いくるブラックハンター。次々と消えていくインターポールの捜査官たち。少女の歌う囁きのメロディーが港に流れる。

ブラックデスパー(清川元夢さん、マシンガンデスパー)登場

このデスパー怪人は、何がモチーフなんだろう???
道具や武器モチーフだった今までの怪人達とは違う姿
期待させる怪人さんですが、期待はずれ;;;

デスパーシティの入口を捜すインターポール
しかし、次々消される捜査官達・・・
デスパーの狙撃者、どうせなら、あの渋いイケメンの俳優さんなら良いな~と思ったんですが、違いました;;;

五郎さんも狙われますが、荒井さんに気づかれます
レッドクイン、本当に暗殺の名手だったのね・・・
サデスパー市長は歯がみをしていることでしょう・・・

荒井さんの話では
デスパーシティを探索する捜査官は3人、
既に2人殺されたこと、後の1人は全く正体不明だそうです
デスパー軍団も最後の1人だけはつかめていない模様

五郎さんを狙った狙撃者は、謎の女に殺される
敵か味方か?謎の女性
この人も美しい・・・
しかし、その実体は・・・デスパー軍団のブラックデスパーの妹
まるっきりの敵・・・口封じに弟まで殺したとか
サデスパー市長もちょっと驚いている様子
さすがに非情なデスパー軍団

死んだ捜査官の持っていた暗号から、ある店を割り出す荒井さんと五郎さん
しかしそこには、ソンブレロをかぶった怪しいメキシコ人?が
コルト・カシーラと言うその男、インターポールだと言いますが
あっさりデスパー軍団だとばれてしまいます
当たり前です!そんな目立つ格好の捜査官なんかどこにもいません!
まあ、荒井さんの格好も相当酷いけど;;;
正体はブラックデスパー、狙撃するも、妹(白鳥ジュン)に邪魔されて
ブラックデスパーは哀れ、サデスパー市長の鞭打ちの刑に;;;
兄貴の命乞いをする白鳥ジュン

なんで俺の邪魔をしたんだというコルト・カシーラに
イナズマンになられたら兄さんに勝ち目はない!
私の方が銃の腕は上よ・・・
コケにされまくっているブラックデスパー(コルト・カシーラ)哀れ;;;
格好は幹部級なのに、ブラックデスパーって、ボイラーデスパーよりもヘタレかも;;;
さらに爆弾発言(隠れている荒井さんと五郎さんにも向けて)
なんと、デスパー軍団狙撃兵の白鳥ジュンはインターポール捜査官008だった!!

FBIの幹部だった両親を殺したデスパーが憎かったのよ!!
でも、兄はデスパーに改造されてしまった!
私には優しい兄だったのよ!!
だから、今からはデスパー軍団の狙撃兵としてあなた達と戦う!!

呆然と聞いているコルト・カシーラの弱々しい表情が印象的

使命を取るか、兄を取るか・・・私は、兄を取る!!
う~~~ん、カッコ良すぎるジュンさん
ブラックデスパーはおろか、五郎さんまで霞んじゃってる・・・
もみ合う五郎さんとジュンさん・・・コルト・カシーラの撃った銃弾はジュンさんに・・・
鉄の狙撃手が聞いて呆れるな;;;

ブラックデスパーに変身して立ち回り
ゼーバーで粉砕

ラストシーン
ジュンさんの墓に百合の花を手向ける五郎さんに
荒井さんがビッグニュースを持ってくる
ジュンさんの残したバッジにデスパーシティについて記した暗号が!!
デスパーシティの場所が分かるかも知れない!!
ジュンさんは最後までインターポールだった!!

有り難うジュンさん!!
五郎さんと荒井さん、二人の最後の戦いが今始まる・・・


最終話「さらばイナズマン ガイゼル最期の日」

再びその全貌を現したデスパー基地。イナズマンは遂に宿敵ガイゼルを追い詰めた。激突するガイゼル対イナズマン。死闘また死闘が繰り広げられる怒涛の最終回!

最終決戦

秘密基地でジュンさんの残した暗号文を解く二人
デスパーシティの入り口は開いたり閉じたりの異次元にあるようです。

真夜中に洞窟にはいるとそこは人工太陽にてらされたデスパーシティ
デスパーシティの中心部は?と市民に尋ねて逃げられる五郎さんと荒井さん
当然の反応だろうけど

カレン様だ!逃げろ!・・・恐怖におののく市民達
馬に乗ったお嬢様登場・・・ガイゼルに娘がいた!!
あのガイゼルに・・・奥さん(多分故人)と娘がいたなんて・・・
直訴した男(あのイケメンの工作員)が射殺される
親衛隊が見守っていてカレン様に近づくものは殺される
なんてことを・・・怒りに燃える荒井さん

鎌を投げつけられるカレン様(投げた男は水木一郎さん)
五郎さんが手当をする
やってくるサデスパー市長と親衛隊

父を責めるカレン
人間が恐ろしい生き物だというのは、ウソだった。
私をみんなに近づけないようにするためだったんですね!
カレンの頬を打つガイゼル

人工太陽を爆破して、デスパーシティもろとも日本を沈没させろ
お前が犠牲になるのだ、早く行け
サデスパーに命令するガイゼル
黙って頭を下げ、人工太陽の起爆装置を作動させるサデスパー市長が哀しい
サデスパー・・・
デスパー軍団に忠節を尽くした部下に残されたものが、それだった
あまりにも哀しい事実・・・

ウデスパーとサデスパー
ガイゼルの右腕と左腕・・・軍司令官のウ、内政のサ
デスパー軍団の両輪だった二人の戦士・・・
おそらく最強の戦士は、やはりウデスパーだったに違いない・・・
内政担当のサデスパーには、ウデスパーほどの戦闘能力はない
ウデスパーが倒されてしまった時
サデスパーは全てを悟ったに違いない
自分も含めデスパー軍団のサイボーグ戦士では、イナズマンに勝てないことを・・・
だからこそ、レッドクインやミクロニードルを使ったのだ
利用できるものは全て利用し、デスパー軍団の被害を最小限に抑える

見事な作戦を採り続けた、完全に客観的に判断できる参謀サデスパー
その彼が最後に取らされたのが
時間稼ぎのためのイナズマンとの最初から負けると分かっている戦い
冷静なサデスパーがおそらくは最も嫌ったであろう戦い方・・・
しかし、サデスパーはαのように感情を出すこともなく、静かに従うのだ
デスパーの大義のために、捨て石になる・・・

ウデスパーがデスパーの大義のために戦った戦士なら
サデスパーもまた、デスパーの大義のために死ぬ戦士なのだ

しかし、そのサデスパーの犠牲も、カレンによって・・・


脱獄した五郎さんと荒井さんの耳に、「読書会」で若菜集を読む女の人の声が

「まだあげ初めし前髪の
 林檎のもとに見えしとき
 前にさしたる花櫛の
 花ある君と思ひけり」

「千鶴子・・・」

荒井さんの奥さんの声、そしてお嬢ちゃんも
二人とも生きていた・・・良かった

奥さんの朗読に和する荒井さん

「やさしく白き手をのべて
 林檎をわれにあたへしは
 薄紅の秋の実に
 人こひ初めしはじめなり」

「あなた・・・」

すごい感動的なシーンだな~、涙が出てきた
でも、こんなの見て、子供達分かったんだろうか
大人の演出です・・・

元の詩はこれ

「 初恋    島崎藤村

  まだあげ初めし前髪の
  林檎のもとに見えしとき
  前にさしたる花櫛の
  花ある君と思ひけり

  やさしく白き手をのべて
  林檎をわれにあたへしは
  薄紅の秋の実に
  人こひ初めしはじめなり

  わがこゝろなきためいきの
  その髪の毛にかゝるとき
  たのしき恋の盃を
  君が情に酌みしかな

  林檎畑の樹の下に
  おのづからなる細道は
  誰が踏みそめしかたみぞと
  問ひたまふこそこひしけれ 」

おそらくは荒井さんと奥さんの思い出の一杯詰まった詩・・・

感動の再会に喜ぶ、荒井さん夫婦

さりげないエピソードですが、荒井さんの奥さんって
すごく強い人だと思う・・・
デスパーシティの脱走に失敗して
旦那さんと生き別れになって
おそらくデスパー側の監視だって厳しかったろうに・・・
その中で、おそらく禁止されている(サデスパー達が来た時に隠していることで分かる)読書会のリーダーになって
人々を励ましている
絶望の中でも前向きに生きようとする人間のすばらしさ
それを見せてくれたイナズマンF・・・深いです

そのシーンと何事かを決意するカレンのシーンが交互に

五郎さんの静止を振り切って、デスパー軍団との戦いに向かう荒井さん
「千鶴子、分かってくれ・・・」
サデスパー市長がデスパーの大義のために戦う戦士なら
イナズマン・渡五郎と、インターポール・荒井誠もまた「人間の自由」という大義のために戦う戦士なのだ。

大義名分の男達の最後の戦いが始まる・・・

あっさりと倒されてしまうサデスパー
荒井さんもケガをした模様・・・
荒井さん、死んじゃダメだよ・・・折角幸せをつかみかけているんだから

人工太陽を止めるカレン
日本を救ったのは、イナズマン・渡五郎ではなく、デスパー軍団の総統ガイゼルの娘だった
怒るガイゼルはついにカレンを刺殺・・・
最愛の娘さえ手にかけた、ガイゼルの信念とは、デスパーの大義とはなんだったのか・・・

娘の遺体を見つめたであろうガイゼル、俯瞰で取っているため表情は分からない
イナズマンが来るまでの間に、ガイゼルの胸に去来したものはなんだったのか
イナズマンに背中を向けたままのガイゼル・・・
自分の娘まで手にかけたのか・・・唖然とする五郎さん

私に逆らうものは許さない!例えそれが最愛の娘であっても!!!
誰も信じない男と信じようとする若者の戦いが始まる
生身の体で戦うガイゼル総統
ジェットデスパーに言った通りなんだ・・・
イナズマンの攻撃が全て効かない・・・超能力が全く効かないのが、ガイゼル総統の超能力なのかも知れない
しかし、弱点の右目を仕込み杖で貫かれた時
デスパーシティは消え去った・・・
なおも戦う二人・・・ゼーバーも使わず(多分使えない)肉弾戦でとどめ

ラスト・・・朝日を見つめる荒井さん夫婦、お嬢ちゃんを抱き上げるイナズマン
有り難うイナズマンというナレーションで〆

詰め込みすぎなところがちょっと残念ですが
イナズマンFらしい重い最終回です・・・
できれば前後編で、カレンと五郎さんの絡みやサデスパー市長との戦いもじっくり見せて欲しかったところ
本当は荒井さん一家は殺されてしまうラストだったようですが
それではあまりにも悲惨すぎるので、これで良かったと思います


今回の隠れた主役は、カレンさん
ガイゼルの娘でありながら
赤の他人のデスパーシティの人たちのために、犠牲になったカレンさん
彼女がいなかったらイナズマンは間に合わなかったかも知れない
イナズマンFは自己犠牲というテーマが多いような気がします
「デスパーシティ」のユキさん・・・
「邪魔者は殺せ」のジュンさん・・・
「蝶とギロチン」のテレサさん・・・
ちょっと視点は違うけど、「レッドクイン」も・・・

そして主役は、ガイゼルとサデスパー
大義のために全てを捨てなければならなかった男達・・・

イナズマンFは大義名分の激突する物語でもあった気がします。
全編を通しての主役は、ガイゼルであったような気がしてなりません
スタイリッシュでストイックな独裁者
ウデスパーやサデスパーのような歴戦の勇士が心から従った人物
誰も信じない独裁者ガイゼル、しかし、彼も人の親だったのだ・・・
強烈なガイゼルの個性が、この物語を引っ張っていったと思います。
【2012/04/09 20:50 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 19話 20話 前衛的・・・  
第19話「イナズマン デスパー軍団に入隊す!!」

恐るべきミクロニードル作戦。中性子銃に操られたイナズマンはあろうことか、敵ミキサーデスパーと共に悪事を働く。シリーズ最大の危機にイナズマンはマフラーで目隠しをし­て挑戦する。

ミキサーデスパー(和田周さん、合体ウデスパーと同じ声、でもずっとクールな感じですね)
どこがミキサーなんだろう??
丸っこい造形の怪人さんです

冒頭からミキサーデスパーと戦うイナズマン
サデスパー参謀が超能力を使い・・・2人のデスパーは消え去るが・・・

ミクロニードルに操られるイナズマン
これも、ギル様の笛に操られ光明寺博士をダークに渡してしまったジローと重なるな~
でも、今回は荒井さんという頼りになるパートナーがいるから
心配度も薄まっている・・・
レッドクインの後の話なので、こういうヒーロー路線に戻ると
何となくほっとするのが不思議・・・
ミクロニードルに操られるときに、目のどアップになって血がにじむのが
怖い・・・ホラー映画のようだ・・・子供達はうなされたんでは

イナズマンを操って、人間世界で居場所を無くさせ
デスパー軍団に取り込ませようとするサデスパー参謀
なかなか頭脳派だな~
ウデスパーが正攻法の戦いで、イナズマンに倒されてしまったので
人間の暗殺者を使ったり(Kマヤとレッドクイン)
今回のようにイナズマンそのものを操ろうとしたり
それも、操って死なせたりじゃなく、悪事に荷担させて
デスパー側に引き込もうなんてなかなかやるな~
個人的には、日輪仮面やマグマンのとった権謀術数は好みなんで
サデスパー参謀の作戦も好み

人々を拉致したり
荒井さんを殺そうとしたり
散々悪事を重ねるイナズマン;;;
吊り橋から転落して、二人ともかすり傷なのは、超能力者とサイボーグだからですね;;;

拉致した人々の公開処刑をイナズマンにさせようとするミキサーデスパー
目の中に何か入っていると分かり
なんと、マフラーで目隠しして戦うイナズマン
マフラーは全てをはね返すんですと・・・そういうチート兵器って;;;
レッドクインの後で、そう言う子供だまし止めてくんない;;;
ミキサーデスパーとの戦いで、イナズマンの目の代わりになる荒井さん
できれば、「10時の方向」とか「2時の方向」とか言って欲しかった;;;

セーバーでいつもの通り、吹き飛ばしたのは良いけれど
一般市民の目の前でやるのは危ないからやめて下さい!!!
慌てて伏せるエキストラの皆さん;;;
良くこんな危ない撮影させたものですね、子供も含まれているのに;;;

怒るガイゼル総統に
マフラーまでは計算していませんでしたと謝る、サデスパー参謀
誰も計算できなかったと思うよ;;;
良い子のみんなだって、マフラーがあんな風になってるって初めて聞いたはずだし;;;

ラスト
小便ちびりそうな不気味な怪人が登場(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しゃれこうべがこびりついてる~~・・・ひぃぃ~~~
ガイゼル総統の趣味とは到底思えないんですが;;;



第20話「蝶とギロチン花地獄作戦」

海辺を舞い狂う真っ赤な蝶。首切りマシン、ギロチンデスパーが殺戮を開始した。めくるめく花粉地獄の真っ只中で、幼い日の五郎と赤い靴の少女・テレサの思い出が展開する。

難解な話・・・私の頭ではよく分かりません;;;
映像も実験的というか
これを子供番組でやったというのがすごすぎる
あとで、「学生映画なんか作っている場合か」と会社サイドから怒られたと言うのも分かる。

ギロチンデスパー(大宮悌二さん・・・蛇口仮面の声)
この怪人は、今までのデスパー怪人とは一線を画している
スタイリッシュなフォルムが特徴的だったデスパー怪人達と違って
禍々しいイメージ・・・化け物じみているというか
むしろ、バンバの新人類のギロチンバンバラとでも言った方がよさそう
サデスパーの言うことも聞かないのは、なんか異質な感じ
バンバの組織の生き残りなんでしょうか???
五郎さんの後ろから登場するところは
13日の金曜日のジェイソンより遙かに怖い

しかし、前回の初登場シーンは小便ちびるほど怖かったんだけど;;;
声を聞いて、あ、蛇口仮面と思ったとたんに
怖さが1/10に;;;
ごめんなさい、ギロチンデスパーさん;;;
あんたが悪いんじゃなく、
最初にゴレンジャーを見てしまった私が悪いんです;;;

謎の女性と渚で語らう五郎さん
なんだか青春映画のようだな~

芥子の花にやられた人々の首をちょん切るギロチンデスパー
怖いシーンのはずなのに
ギロチンデスパー=蛇口仮面
という個人的な変なインプットのために
デスパー軍団最凶の怪人を目の当たりにして
苦笑しかできない自分が酷すぎる;;;
こいつ、人間のチート兵器ゴレンジャーハリケーンでやられたんだから
五郎さん、サナギマンで十分じゃん;;;
ゼーバー使ってやる必要性ねえよ;;;(酷い;;;)

==================================
しかし、声のイメージって大事;;;
虹仮面なんか、小鳥さんみたいで可愛いと思っていただけだったのが
ウデスパー様の声と分かったとたんに俄然格好良くなったし
シュールでキモい、えのぐバンバラも
鏡仮面やエレキ仮面の声だと分かったとたんに可愛くなって
えのぐミサイルのお間抜け最期も、ゴレンジャーハリケーンみたいで楽しかったし;;;
恐るべし、声のイメージ、いや、恐るべし、ゴレンジャー;;;
==================================

最後のシーン
五郎さんの腕の中で息絶えるテレサ
これで終わってくれれば、青春映画っぽかったのに
裏切り者を粛正したのが
デスパー少年兵士だったという薄気味の悪いオチ・・・
サデスパー参謀の
「空は青かったか?」以下の質問
子供兵士・・・クメール・ルージュか紅衛兵か
やめてくれ!!やめてくれ~!!
ガイゼル総統、サデスパー参謀
こんな気持ちの悪いことやめて;;;

子供のほうが残酷なことが平気でできるというおぞましい現実
実際に子供兵士を麻薬で洗脳して使っているという国もあるという
それを、ウン十年前に、子供番組で見せたなんて
良く放送許可になったな;;;
怒鳴りつけただけで、取り直しをさせなかった東映の英断に感謝

評価の高いというギロチンデスパーとテレサの話
難解すぎたのと、蛇口仮面という酷いインプットのせいで

個人的には「デスパーシティ」や「レッドクイン」のほうが好きです;;;



イナズマンFも今回の配信が最期・・・
デスパー軍団との戦いの果てに、五郎さんが辿り着いたものは・・・
【2012/04/02 20:35 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 17話 18話  レッドクイン!!!
第17話「青い瞳のインベーダー」

真っ青な渚に、ひっそりとたどり着いた少女・クリスティーヌは本当に宇宙人か?追跡するイナズマンの向こうにデスパーの影が。捕えられた少女と新井の処刑の時が刻々と迫る­。

ジェットデスパー(山下望さん)

ジェットという青年がジェットデスパーに・・・
クリスティーヌさん、エキゾチックな美人
イグアス星人で空飛ぶ円盤でやってきた???
クリスティーヌさんはイグアス星の大統領の娘で
ジェットの許婚
イグアス星からは毎年、交換留学生が来るんだと???

すごい展開、ついにイナズマンに宇宙人まで出現か???

東京で再会したジェットはジェットデスパーになっていた・・・
豪邸にクリスティーヌを招待するジェット・・・
現れるサデスパー・・・
正体を明かすジェット・・・
サナギマンを銃撃するジェットデスパー・・・
やった!参謀昇格だ!有頂天のジェット・・・

サデスパーとガイゼル総統の会話
凄い豪邸を持ってるんですね~総統閣下・・・
サデスパーの進言に薄く笑うガイゼル
良い表情しているよな~、冷酷で、猜疑心が強くて・・・
まさに独裁者の鑑・・・

デスパーの血って何だろう
よそ者のジェットデスパーは使い捨て

誰も信じてないのね・・・
ガイゼル総統
自分しか信じていない
ウデスパーのことは信じていたかも知れないけど

「ブタめ!!」とか凄い言葉だな、今じゃ使えないかも
でも非情で良いよな~
ジェットデスパーをリンチするサデスパー
用済みって感じで弄んでるようにも見える

本当は、クリスティーヌさんって頭の少しおかしい人なのかも;;;
で、ジェットも利用してたとか
妄想につきあって、お金でも引き出してたのかな~とか
金もって逃げちゃったんじゃないんだろうか
で、使い果たしたからデスパー軍団に入ったりして・・・
サデスパーだって本当のことをクリスティーヌに言う必要性もないので
ジェットの与太話につきあってやったのかも知れない

金を使い果たした無軌道な青年が暴力団に入って鉄砲玉に
良くある話かも知れない・・・

ジェットデスパーの声が甲高いので、まだ子供って感じがする
サデスパーの相手にもならないんだろうな・・・

そんなことをやっているうちにイナズマンが登場・・・
用済みなのにデスパー軍団にすがるジェットデスパー
哀れなジェット・・・
クリスティーヌが撃たれてしまう
怒るイナズマン、投げ飛ばされてジェットデスパーは爆死
いつものゼーバーも無し・・・
ジェットデスパー弱すぎる;;;
やっぱり、ただのサイボーグ手術をされた人間じゃ、
デスパー怪人にはなれないのね

純粋なデスパーの血筋、つまり、超能力を持った人間ってことなのかな~

ラストシーン、てっきり円盤を見つけた五郎さんと荒井さんが
クリスティーヌをイグアス星に帰してやると思ったんだけど
全然違って、彼女が本当にイグアス星人なのかも分からずじまいの
余韻のある終わり方・・・

この話、本当は誇大妄想の自称クリスティーヌの妄想話に
五郎さんと荒井さんはつきあって、
逃げた男(ジェット)を探してやったのかも知れない
デスパーに狙われているし、おかしいと思いつつも
クリスティーヌが可哀想なので、探すの手伝ってやったのかも・・・
少女を信じてやる二人の優しさが描かれるのと平行して
サデスパーとガイゼルのシーン・・・
誰も信じない独裁者とそれに仕える新参謀の不安・・・
デスパー軍団の非情さを表しているのかも

ウデスパーだったらガイゼルの心はよく分かっているので、
わざわざ進言なんかしなかったと思う・・・

猜疑心の強い独裁者、ガイゼル
総統という称号から、ヒトラーを連想するかも知れないけど
むしろ、スターリンがガイゼルのモデルのような気がしてならない
誰も信じなかった独裁者スターリン
部下の高官達もいつ秘密警察に消されるかという
恐怖の日々だったという


第18話「レッドクイン暗殺のバラード」

地の果てから流れくる不吉なメロディーに乗って風のように現れては消える謎の女・飛鳥夕子。敵か、味方か。その必殺の銃口は渡五郎を狙い、遂にあのガイゼルの耳を打ち落と­した。

第1話の新婚さんがレッドクイン
復活したのもハンマーデスパー(渡部猛さん)


凄いハードボイルド・・・
ピアノのメロディ(暗殺のバラード)もしゃれている
こんなの子供に分かったんだろうか???
着ぐるみ怪人いらないじゃん;;;
映像も変わっている、子供の特撮のカットじゃない
まるで、映画のよう
そう、映画館の大画面で見る青春映画のようだ
70年代の青春・・・
満たされない思い・・・乾いた感覚・・・非情な世界
「デスパーシティ」と並ぶ名作だと自分は思う・・・
こんな感想よりぜひ本物を見て欲しい;;;

飛行場のそばで射撃をする謎の女
黒いチョウとともに現れるサデスパー
終始無言で女にバイオリンのケースを渡し去っていくデスパー軍団の参謀・・・
四畳半のアパートでデスパー論議
まるで学生運動のようだ、70年代の青春
革命を論議する学生達と、女とその恋人が重なる
虫一匹殺せないくせに・・・と冷めた笑いの女
その恋人を暗殺し、デスパー軍団に入る女(レッドクイン)
教会でのサデスパーとの密会と言い
今回の演出の素晴らしいこと・・・
ほこ天でつかの間の平和に浸る五郎さん
死のメロディが聞こえてくる・・・
う~~む、ジローの時のギルの笛を思い出させるな~
ガイゼルの肖像画を撃つ真似をするレッドクイン
それに気づいたハンマーデスパー
レッドクインを処刑しようとするが・・・

「なぜ俺にやらせないんだ!」
「貴様には無理だ。」
酷い言われよう;;;まるでウデスパーに言われているようだ;;;
でも、そうかも、1話であんたボコボコにされたからね~ハンマーデスパーさん;;;
サデスパーは、渡五郎(生身の人間)の時を狙って暗殺するつもりらしい
雷を落とす必殺技を持っているイナズマン
まともに戦ってはデスパー怪人では歯が立たないのを知っているのでしょう
五郎さんに照準を合わせるが、指が動かない!!
暗殺に失敗したレッドクインだが
ハンマーデスパーのほうが処刑される・・・
全く信用されていないハンマーデスパー;;;
何のために復活したのやら;;;

男達(デスパーシティの人間だろうか)を集めて、デスパー怪人を選抜するガイゼル・・・
これはガイゼルの別邸でやっているんだろうか???
上半身裸に黒のズボン・・・燃えよドラゴン、ブルース・リーの真似ですね
ど迫力のアクション・・・
見事な肉体美・・・特に最後まで残った男が素晴らしい
この人ゴレンジャーでも出てきますね
あれだけアクションが出来るという事は、大野剣友会のひと???

ガイゼル総統に照準を合わせるレッドクイン
止めに入る五郎さん
私のやり方でガイゼルに復讐する!!というレッドクインだが
デスパー兵士達に撃たれてしまう・・・
最後の力を振り絞った銃弾はガイゼルの耳を撃ち落とすが・・・

今回イナズマンになったのは、最後のハンマーデスパー2との戦いの時だけ
雑踏の中のラストシーン
「渡五郎・イナズマン、23才、暗躍するデスパーがいる限り彼の青春の日は遠い・・・」BGMにこのナレーションがかぶる

主人公はレッドクイン
五郎さんは完全に脇に・・・
自分の家族、友達の仇は自分で討つ
そのためには、手を汚さなければならない
恋人を殺しサデスパーの信頼を得るレッドクイン
目的のために全てを捨てた女、レッドクイン
何事かを成すためには、全てを喪う覚悟が必要なんだ
きれい事ではすまない
大義のために戦うイナズマン・・・
デスパーとの戦いは、そんな大義なんてきれい事じゃすまないんだ
レッドクインはそう言っているように思えます。

そんなレッドクインにサデスパーも完全に騙されたんだろうか?

男は大義のために戦えるけど
女は大義のためには戦わない
女が戦う時は、恨みと憎しみ、あるいは愛するもののため・・・
理性じゃなくて感情
だから後先考えず、渡五郎の命まで利用する
【2012/03/26 13:14 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(2)
イナズマンF 15話 16話 祝!ドリルデスパー復活
第15話「大洪水大作戦!!」

一段とパワーアップして蘇った強敵ドリルデスパー。ドリル破壊光線がダムを激しく攻撃する。溢れ出す水、水、水。ああ、みんなの町が沈んでしまう。行け!われらのイナズ­マン。

祝!ドリルデスパー復活
声も嬉しいことに同じ方(和久井節緒さん)

イナズマンFを見たおかげで、ヒトデムラサキだったりアバラ仮面だったりする声優さんの名前を知ることができました。
ちなみに、軍艦仮面・キリギリスグレイ・ハンマーデスパー・ウデスパーαは、渡部猛さんという方
ウデスパーとサデスパーは岩名雅記さん
ゴレンジャーもキカイダーも怪人役の声優さんの名前、出してくれない;;;
マスオさんとか波平さんは超超有名なので名前無しでもほとんどの人が知ってると思うんですが・・・

デスパー怪人達はみんな格好いいので、一回きりの登場じゃ勿体ないと思っていたので、嬉しい復活ですが・・・

ドリル破壊光線の試し打ちをして山を爆破するドリルデスパー
派手な爆発なので、五郎さんと荒井さんがやってきます。
そうとは知らず奥沢ダムを制圧するドリルデスパー
しかし、主任ともみ合ううちにパワーアップ装置を落としてしまい
主任の子供達(姉と弟)に取られてしまいます。

パワーアップしてもドジなのは前と同じ;;;

伝書鳩で知らせる姉弟・・・まだ伝書鳩の時代(じゃないだろうけど)
伝書鳩を撃ち落とすデスパー戦闘員の勘は良いんですが
偶然にもやってきた五郎さんと荒井さんの手に
打たれてしまうお姉さん、弟君はパワーアップ装置を岩の陰に隠します。
狙撃されたりしながらも、パニックにならず情報を伝えようとしたり、素早く装置を隠したり、この姉弟は冷静だし頭の回転も速いです。
あっさり捕まったりしないで、自分たちでできる限りの努力をするところが健気で良いです。
ドリルデスパーちんも見習おう;;;
絶体絶命のシーンで現れるイナズマン!!

パワーアップ装置が無いため一方的にやられてしまい
吊り橋の上でヘタっているドリルデスパーちん;;;
「お前は、それでも強くなったと言えるのか!!」
イナズマンにも呆れられてしまいます。
う~~、もっと大事な仕事があるんだからね(涙目)
と、さっさと逃げ出すドリルデスパーちん;;;
こんなドジっぷりでは処刑は確実でしょう;;;

ケガをしたお姉さんを診療所に運ぶ二人
診療所の老医師の「デスパーとは何じゃね」という緩い会話
ダムに突き落とされた父親を心配する姉弟
ちょうど良いタイミングで、消防団の人たちが、主任(姉弟の父親)を運んできます。
あんな高いところから落とされて、良く生きて多ものですが・・・
輸血が必要だそうで荒井さんが輸血をすることに
なんと緩そうな老医師はサデスパー!!(良く見破りましたね五郎さん)
消防団もデスパー兵士!!
油断も隙もないとはこの事・・・
新参謀のサデスパー市長、ウデスパーの様にドリルデスパーのサポートに回ってくれます。(マサカリデスパーの時とは大違い;;;)
結局、サデスパーに父親まで操られて、五郎さんはパワーアップ装置を渡すことに
首尾良くパワーアップ装置を取り返したあと、ばったり倒れる父親
死んだかと思いました;;;

ドリル破壊光線でやっと本来の任務、ダム破壊をするドリルデスパー
荒井さんがやってきて、磔にされた五郎さんとお姉さんを助けますが
迫り来る洪水・・・しかし、
「ゼーバー逆転チェスト!!!」
水は逆流し、ダムまで元通りに;;;
酷い!!ドリルデスパーの苦労は何だったの~
三途の川から呼び戻すほどの超能力、まあ、ダムぐらい何でもないよね;;;

大立ち回りはイナズマンが崖から本当に転落したりと、とても怖いです
結局、前回と同じくボコられたあげく、雷を落とされて、ドリルデスパーは爆死

五郎さんは、弟君に伝書鳩をプレゼント

前回も今回もドジっぷりを発揮してしまったドリルデスパーちん;;;
前回同様、参謀にサポートして貰えました;;;
ドジでも一所懸命やってるから、「可愛い奴」と思われたのかもね;;;



第16話「謎の女 その名はデスパー秘密捜査官」

デスパーは超音波発生器による無差別殺人を計画。インターポールの女捜査官・K麻耶はサデスパーの術中にはまり、かつてのパートナーである荒井の命を狙う

今回はノコギリデスパー復活
ボディの色を少し塗り替えてもらったようです。
声は違いますね、依田英助さんという方(この声、ゴレンジャーの仮面怪人で結構いる様な気がする)

浜松の舘山寺ビューホテル・・・おお、イナズマンFもタイアップ回
ロープーウェイ、もしかして新命さんがよじ登った虹仮面の回のものでは??、と、子供の時とは違った楽しみが;;;

超音波発生器の実験を行うデスパー軍団
黒めがねの男は、ドリルデスパーの時のダムの職員だし、バーナーデスパーのときの秘密工作員だった、イシバンバラの時もいたし・・・結構出てる・・・
なかなか渋いイケメンだけど、大部屋俳優さんの一人だろうか
実験によって多数の死者が出てしまい、全国ニュースに
これだけで大パニックですね・・・

坊や(イチロー君)を人質に、九條博士を脅迫するサデスパー
冷酷非情さが良いです~
サデスパー市長、クールで格好いい
声だけ聞いていると、ウデスパーがそこにいるようです;;;
しかし、岩名雅記さんの声はクールでいいなあ~、ドリルデスパーの時のお爺さん医者から変身する時の低い笑い声も迫力あったし。。。

五郎さんが爆撃される時、ナバローンのBGMが・・・

捕らえたK麻耶を催眠にかけるサデスパー
洗脳してしまえば絶対に裏切らないからな~
ウデスパーは催眠を使わなかったけど、サデスパーは使えるのね
しかし、なんで紫のビキニ(下着姿か?)にして催眠にかけるのかね;;;
しかも鎖で縛っているし;;;
ミスワンの時のウデスパーもだけど、
今回のK麻耶に対するサデスパーのやり方も、妙にエロいんですが・・・

何食わぬ顔でホテルに現れるK麻耶(背中丸出しの白のロングドレス、エロい)
罠にかかる荒井さん
現れるノコギリデスパー
絶体絶命の所で、またもイナズマン登場
さすがに五郎さんは、K麻耶が催眠にかけられているのを見抜いた模様
かつての同志に裏切られ、ショックを隠せぬ荒井さん
思い出の中のK麻耶はきちんとした服を着ているので、露出度の高さは、完全にデスパー軍団の趣味???
おお、ついにロープーウェイ登場(新命さんの時のものだろうか???)

強力にした超音波発生装置で浜松市を全滅させる計画
装置もろとも死のうとする九條博士
この子も殺すつもりなのねと平然と言うK麻耶さん、格好いいわ~
黒のへそだしミニスカも決まって、操られているとはいえ、悪女ぶりが素敵・・・
狙撃して装置を打ち落とす荒井さん
黒服の工作員に化けていた五郎さん
九條博士と坊やを助け、乱闘に
装置の争奪戦はなかなか緊迫感がありますね
K麻耶とノコギリデスパー、コンビネーションも素晴らしい
超音波発生装置を取り返したノコギリデスパー、ロープーウェイに飛び乗りますが(このシーンも格好いいな~)
五郎さんがロープーウェイにぶら下がって、(おお、新命さんの時と同じだ)
突き落とされてしまう五郎さん
勝ち誇るノコギリデスパーとK麻耶、荒井さん達を処刑しようとしますが
ロープーウェイから落ちたぐらいで五郎さんが死ぬはずがない
当然のごとくイナズマンが登場しますが、
さすがのイナズマンも超音波には苦戦
しかし、発生装置を握りしめているため、片腕が使えないノコギリデスパー;;;
両腕使いなさいよ、接近戦じゃ、装置を作動できないじゃん;;;
K麻耶にでも超音波発生装置を渡して、浜松を攻撃させればいいのに;;;
結局、左腕一本で戦う羽目になって、ボコられたあげく、ゼーバーで装置もろとも爆死

K麻耶さんも何故か正気に戻りました
坊やは今回は本当に添え物だけでした・・・

しかし、初めは、嬉しいノコギリの復活とか、新命さんのロープーウェイとか、名前の分からないイケメンのデスパー戦闘員とかをワクワクしてみていたんだが
改めて見直すと一番強烈なのは、サデスパーの洗脳シーンかも;;;

半裸の美女を鎖で縛って催眠洗脳・・・

どっひゃ~~文字にすると凄い;;;別の映画の様だ;;;
子供達には全然分からなかったろうけど;;;

デスパーシティの住民を一発で催眠洗脳した超能力ですよね
しかも群衆の中で、少年2人だけ選んで洗脳できるという高等テクニック

鎖で縛る必要性も、まして水着(下着か)にする必要性も無し;;;
訳の分からない呪文を唱える必要性もなければ
「ウシミサ~、トスイデ~サ~」って言ってるのか???
なんか意味あるんだろうか???
胸の装甲を開けて、中の何に使われているのか分からない機械を見せる必要性もない
(だって催眠光線は十字の目から出ていたし、デスパーシティの回では)
そして、二人っきりの密室というシチュエーション;;;
完全に趣味の世界;;;
エロティシズムを感じさせるな~、セクシーです、サデスパー市長;;;

しかし、モモちゃんを洗脳しようとした鉄かご仮面はむかつくだけだったけど
遙かに酷いことをしているサデスパーに対しては、
エロスとセックスアピールを感じるだなんて;;;
キャラに対するいれこみの違いでこうも感じ方が変わるものかな・・・

今週はジェットデスパーの登場
【2012/03/19 18:10 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(2)
イナズマンF 13話 14話
第13話「白い闇!! 鬼女がうたう子守唄」

地の底から聞こえてくる無気味な子守歌。マサカリが闇を走り、鬼女が妖しく舞い狂うと赤ん坊が消える。子供たちをさらい、新人類を飼育しようとするデスパーの「ニューブラ­ッド計画」。霧の中に見え隠れするマサカリデスパーの影分身を追え!イナズマン。

ハイキングに行った若者達が殺される
しかし、前回の山岳部も今回のハイカーも「雪山賛歌」とか「おお、牧場は緑」とか、今じゃ絶対歌わない様な歌を歌っているな~
霧とともに、怪しげな子守歌が
とても不気味だし、ニュータウンが背景にあるのも相当シュール
この子守歌は「中国地方の子守歌」ですね

ねんねこしゃっしゃりませ
寝た子のかわいさ
おきて泣く子の
ねんころろ 面にくさ
ねんころろん ねんころろん

原型はこれ

ねんねこさっしゃりませ 寝た子のかわいさ
  起きて泣く子の ねんころろん
  つらにくい ねんころろん ねんころろん
 
 つらのにくい子を まな板にのせてさ
  青菜切るよに ねんころろん
  じょきじょきと ねんころろん ねんころろん

怖い歌詞・・・鬼婆が歌うのに相応しい

白装束に般若面の鬼女、夜叉御前を読んだ身にとっては
えげつないほど怖すぎる

どうもニュータウンを創ったとき鬼婆の束を壊したので祟りで次々と攫われる子供達
う~~ん、将門の将軍塚のようだ・・・あそこの祟りもすごい

さて、五郎さんと荒井さんは、鬼ヶ原の謎をとくため出撃
祟りだったら、大人にも降りかかるはずという五郎さん
とても冷静です。
現れる鬼女
追いかけた荒井さんは霧に撒かれて行方不明に・・・

お前はデスパーだろうというイナズマン
日食はサデスパーの念力だそうです
さすがに超能力者なので相手の超能力も分かるのね・・・
デスパー軍団って超能力を仕えるのはガイゼル総統とサデスパー市長だけなのかな??
赤ん坊を抱えた鬼女と格闘するイナズマン
坊やを帰して~と飛び込んでくる若い母親
まさかりで鬼女の頭をたたき割るイナズマン;;;
やっぱり、マサカリデスパーでした。
なかなか格好いい怪人です。
ニューブラッド計画という作戦名だけ証して
母親を斬りつけて・・・血が飛び散る様はえげつない、今じゃNGでしょう
赤ん坊ともに消え去るマサカリデスパー

子供はモルモットじゃない!!怒る荒井さん(自分の娘のことを考えると胸がつぶれそうだったことでしょうね)、しかしウデスパー兄弟にあっさり捕まってしまいます。
荒井さんを捕まえるのは、下っ端の戦闘員に任せても良いんでは、わざわざ二人で捕まえる必要性もない
マサカリデスパーにガイゼル総統がお呼びだというウデスパー兄弟、これも下っ端戦闘員で沢山・・・
パシリ化しているウデスパー兄弟;;;

ウデスパー兄弟にボコボコにされるマサカリデスパー
何故だぁ~、真面目に仕事もやって成果も上げてるのに
と思ったのは、マサカリデスパーだけでないはず

でも、もっと驚いたのは、ガイゼル総統の左に立っているサデスパー市長の姿

成る程ね・・・ウデスパー兄弟を完全に見限ったわけだ、ガイゼル総統は
総統も相当、見切りが早いな;;;
(こんなことを言ったら、デスパー軍団では即刻死刑だろうけど;;;)

解説をしてくれる新参謀サデスパー
イナズマンに正体がばれたせいで、計画が難しくなるだろう
だそうです。
でもいくらなんでも、マサカリデスパー、ボコられすぎ;;;可哀想に
合体ウデスパーの手術を行うそうです
嫌がっているαですが、βに言われて仕方なく手術室へ;;;

イナズマンを倒したら、参謀に昇格させてくれという爆弾発言をするマサカリデスパー
倒せたらと言ってくれるガイゼル総統
しかし、マサカリデスパーはこっそり合体ウデスパーの手術を遅らせることに;;;
見事な足の引っ張り合いですが;;;

イナズマンの前に現れるマサカリデスパーの幻影
さすがのイナズマンも苦戦します

しかし、インチキをしたのがばれてガイゼル総統の怒りを買ってしまうマサカリデスパー
ガイゼルの命令で映写機を止めるサデスパー
そのため、霧に投影していた幻影が消えてしまって
ボコボコにされるマサカリデスパー;;;ゼーバーでとどめを刺されます
ガイゼル総統の言葉を信じて、イナズマンとの勝負にだけ集中すれば良かったのにね~;;;
しかし、良い線行ってたんだから、マサカリデスパーを罰するのは、イナズマンとの勝負が終わってからでも良かったんじゃないの;;;

同じ場合、ウデスパーだったら・・・
「今はマサカリデスパーが優勢です。イナズマンとの勝負の後でも良いでしょう。」
って言ったんじゃないかな
ハンマーデスパーにチャンスを与えたウデスパー・・・
ドリルデスパーの命乞いをしたウデスパー・・・
彼なら、ガイゼルの命令より戦局を見たかも知れない
マサカリデスパー、もう少し泳がしてやっても良かったかも

新参謀のサデスパー、なかなか強いし貫禄もあるけど、内政担当だったから、臨機応変の戦局の判断はまだ慣れてないのかも・・・
だって行政って、いつも同じでないとまずいじゃない;;;

ついに、鋼鉄剣竜、もとい合体ウデスパー登場
これが、あのウデスパーのなれの果てだと思うと・・・
01のハカイダーほど酷くないからマシと言うべきなのか;;;
ただあれは、脳みそが全くの別人だから違うと思えるんですが;;;


第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」

少年の命が危ない。早く血清を届けなければ。だが、五郎の行く手に強化手術を受け再生した合体ウデスパーが立ちふさがる。激突する合体ウデスパー対イナズマン。世紀の決戦­がここに始まる。

この話だったんですね、子供の頃見て覚えていたの;;;(驚)
大五郎(子連れ狼)登場;;;
僻地の上原村で、破傷風で死にかかっている大五郎
お兄ちゃんは、ハムで通信を・・・
そう、子供の頃確かに、電話のない同級生のうちがまだあったし・・・
僻地で無医村って言葉も聞いたことがあるし・・・
あんな風に、お医者さんが来ない、電話もないから無線通信
結構あった話かも知れない;;;
お兄ちゃんの必死の通信は、五郎さんと荒井さんに届いたが、ついでにデスパー軍団にも届いてました;;;

腕試しをする合体ウデスパー
力だけでは・・・とサデスパーに言われてしまいますが
「そんなことを言われる筋合いは無いわい!!」
ああ、これがあの格好良かったウデスパーのなれの果てか・・・(涙)
血清を運ぶ飛行機を撃墜する合体ウデスパー
イナズマンがやってくるという作戦ですが
何とも大ざっぱな作戦です;;;
本当にやってくるイナズマンと荒井さん
ライジンゴーが撃墜され、デスパー軍団のバイクを奪取して、上原村へ向かう五郎さん
迎え撃つ合体ウデスパー
あああ、だんだん思い出してきた・・・
この回だけ見たんで、なんか変な怪人が出ていて
イナズマンが血清を届けたら戻るっていうのに
攻撃してたな~、やな奴とか
目をかばって目つぶし食らってたな~・・・とか
大五郎って死んだんじゃなかったっけ・・・とか
最終決戦なのに、あまり大したこともなくやっつけられる合体ウデスパー
大五郎は死んでしまいました・・・
間に合わなかったイナズマン
しかし、超能力で、三途の川を渡ろうとしていた大五郎を呼び戻す
酷い;;;本当に何でもありなんですね、超能力って;;;

大五郎の蘇りのインパクトで、世紀の決戦も消し飛んでしまった;;;
鳴り物入りで登場したけど、あっけない最後だった合体ウデスパー;;;
クロスハリケーンはどこにいったのよ;;;
いっそ、血清は荒井さんが届けて
合体ウデスパーとイナズマンの決戦をメインにして欲しかった;;;

合体ウデスパーが倒されると、ウデスパー兄弟に戻って、クロスハリケーンで一騎打ちの方が良かったんじゃ;;;
だって、五郎さん、対クロスハリケーンの特訓やってたし;;;


今週は、ドリルデスパー復活の巻
【2012/03/13 17:32 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 11話 12話 デスパーシティ
デスパー軍団にあるまじきどつき漫才をやって、ガイゼル総統の怒りを買ってしまったウデスパー兄弟の運命やいかに;;;

第11話「美しいサイボーグ! 暁に分身す!」

分身する不思議な少女・大橋あけみ。ファッションショーでデスパー兵士に襲われた彼女の招待はサイレンサーデスパーだった。美しいサイボーグ、サイレンサーデスパーが操る­円盤がライジンゴーを攻撃する。

一方的にぼこられるイナズマンですが、合体ウデスパーの様子がおかしい。
合体失敗のようです
責任者の首をはねる、ガイゼル総統
実写のクビチョンパはやめて欲しい;;;
(クビチョンパというカトちゃんのギャグも流行ったなあ、クビチョンパ人形ってのもあった様な気がする;;;)

今回も人が死にまくるイナズマンF
ファッションショーの会場にいた人々が皆殺しに・・・
01のりえこさん、登場です。
暗号を解読する荒井さん、こう言うところが妙にリアルなんですよね
りえこさんはデスパーロボット、サイレンサーデスパーの人間態
悪女っぽい方が、りえこさんにはよく似合いますね
しかし、りえこさんの腕にアザができるほど、サイレンサーデスパーを痛めつけたわけね、イナズマン
非力なサイレンサーデスパーだけど、頑張ります。
分身したり円盤を操ったり、操る時の呪文は何と言っているのか??
でも、イナズマンに粉砕されてしまいます

サイレンサーデスパーってウデスパー兄弟の分離が終わるまでの時間稼ぎだった様な気も・・・
それでもやらなきゃならないのが辛いところだろうけど・・・
最後にウデスパー兄弟登場、分離して元に戻してもらったみたいですね
でも、登場してもしなくても言い程度の扱いになっている様な・・・


第12話「幻影都市デスパー・シティ」

デスパーの女戦士・ユキの手引きにより五郎と荒井が密かに潜入したガイゼルの実験都市デスパー・シティ。そこには残忍な市長・サデスパーによってサイボーグにされた5万人­の市民がいた。荒井が思い起こすデスパー・シティの恐怖とは?

ゲストのユキさん本当に美しい、アラブ系というかインド系というか
目鼻立ちがくっきり、美人ですね~

いきなり銃撃される五郎さんと荒井さん。
死んだふりをしてデスパー兵士を倒す二人だが、弾薬のはずのトラックの中身はコーヒー豆・・・
現れたのはデスパーのサイボーグ戦士・ユキ
荒井さんはダイオードVS3が壊れて、24時間の命に
デスパー・シティには5万人の人々が、ガイゼルの圧制下にあるというユキ
この回は、今までのお話とテンションが全然違いますね
ウデスパー編なんかも、ニュータウンを爆撃したり、かなりハードでシリアスだったんですが

デスパー・シティという実験都市に5万人が閉じこめられていて
みんな、番号で呼ばれていること
15才になったらサイボーグにされてしまうこと
催眠にかけられ連行される少年達
デスパー・シティは普通の街と同じだけど
往来には人っ子一人いなくて、デスパー兵士とか怪人しかいないこと
密告が日常茶飯らしいし・・・

もう子供番組じゃない
こうなってくると、今現在は、海の向こうの北○○を連想するが
あの当時だと、スターリン下のソビエトがこれに近いかも・・・
KGBが全ての住民の動向を掴んでいたという世界

そして、過去を思い出す荒井さん
荒井さんを改造したのはデスパー軍団!
家族とデスパー・シティを脱出しようとして、離ればなれになっている
妻と子供は??
情報を頼りに荒井さんと五郎さんが、そこに向かうと
荒井さんの奥さんと娘さんのマネキンがおいてある
そこに現れるボイラーデスパー(変身前の五郎さんにも負けるほど弱い;;;)
着ぐるみ怪人ではなく、秘密警察でも出したら?それも普通の人間で・・・
ゾッとする世界が展開するはず

密告により処刑される反乱分子
これも秘密警察なら、当然やることだろうし
この場面、ボイラーデスパーだけでいいような
ウデスパー兄弟まで連れてくる必要はないと言うより
もう、ウデスパー兄弟は用済みのような気がする
なぜなら、サデスパー市長という新しい幹部が出ているから

サデスパーって、おそらくデスパー軍団の内政担当で首相みたいなものだろうな・・・
わざわざ、脱走少年を捕らえるのに出てくる必要もないんだけど、
五郎さん達に顔見せと、超能力を見せるために登場

密告者が実の弟だとみんなの前で証すユキさん
パイプオルガンかな~、緊迫感がすごい
外に出たかったという弟に
自分さえよければ良いの?
と、射殺するユキさん・・・
ダイオードVS3を荒井さんに渡し、幹部会へ

ユキの考えを見抜いているようなガイゼル総統の表情
冷酷非情の独裁者って感じがものすごく出てます
さすがは、名優
醜悪なガイゼル総統と予告編では言われているし、
子供達は怖がったのかも知れないが
今見ると、むしろ、ストイックでスタイリッシュで格好いい

ウデスパー兄弟もろとも自爆するユキ
怒りに燃える五郎と荒井さん
ボイラーデスパーを跳び蹴りで倒しますが
ウデスパー兄弟も無傷・・・ユキさんの犠牲は・・・
サデスパー市長が念動力で、荒井さんと五郎さんを、デスパー・シティの外にはじき飛ばす・・・
こんな強敵と五郎さんは戦えるのでしょうか?
気がつくと、見知らぬ海岸
全部夢だったのか、否、荒井さんがプレゼントした人形が砂浜に
デスパー・シティは存在する!
五郎さんと荒井さん、2人は決意を新たにする。

幻影都市デスパー・シティ、本当に名作です
・・・こういう話を作ってしまうなんて
着ぐるみを登場させず、1時間枠でやったら、完全に大人の番組
番号で呼ばれる人々、人間性の否定、密告者、秘密警察、レジスタンス・・
爆弾でも死ななかったウデスパー兄弟はさしずめ影武者でしょう

デスパー・シティに近い世界が現実に存在していたこと
そして、往来に誰もいない街が、福島のあの映像と重なります・・・
むしろ着ぐるみ怪人の登場は、これは子供番組なんだと視聴者が安心させる意味もあったかも・・・


登場した新幹部サデスパー市長、レギュラー出演になるんでしょうか
ウデスパーみたいに
ウデスパーとサデスパー
軍団の司令官と行政の最高責任者・・・

ああ、そうか、ウデスパーって腕とデスパーでウデスパーだと思ってたんだけど
右のデスパーでウ・デスパー
左のデスパーでサ・デスパー

ウデスパーが戦死する前は、二人とも幹部会で、何度も顔を合わせていたに違いない・・・そう言うシーンも見たかった気がする。
【2012/03/06 21:10 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 9話 10話
第9話「少年サーカスとマルチ大作戦」

サーカス団の少年アキラと五郎の友情を、ハサミデスパーが無残に断ち切った。吹きすさぶマルチハリケーンの真っ只中を怒りのライジンゴーが行く。そして、イナズマンの眼前­に恐るべき怪物が登場した。

ハサミデスパー登場

クロスハリケーンの特訓をしている五郎さんの前に不思議な少年が現れる。
異常に身の軽い少年・・・サーカスの一因だとしても凄すぎる
偶然襲われるレーダー基地を見てしまって、デスパー軍団から逃げ回る少年
しかし、ミュータントでもない少年を捕まえられない戦闘員も情けない;;;
電柱に昇って、情報を伝える戦闘員など、リアルな描写が・・・
デスパー軍団が組織戦を行っているところが、あの当時は新鮮だったかも知れません

マルチ作戦ってクロスハリケーンをレーダーで増幅させる作戦だったんですね
マルチ商法かと;;;
クロスハリケーンで大都市を壊滅
デスパー軍団は考えることが派手ですね

少年は、ハサミデスパーに脅かされて
五郎さんにも誰にも言えなくなってしまう
結局大ケガをしてしまう少年・・・

レーダー基地に急ぐ五郎さん
待ち受けるハサミデスパー
なかなか迫力のある立ち回り
でも、ハサミデスパーの顔をとってしまうイナズマンは凄すぎるかも;;;

エネルギーを送るαとβですが
いっこうに竜巻が起こりません;;;
竜巻の代わりに、イナズマン登場
βと決闘に・・・
エネルギーを使い果たしていたウデスパー兄弟は撤退
ガイゼル総統から大目玉を;;;
まあ、今回はウデスパー兄弟のせいではないと思うんですが;;;

やっぱり子供が出てくると、イナズマンFの世界には合わないかも;;;


第10話「ウデスパー兄弟の挑戦状!!」

ハイキングの若者たちを襲い、五郎を誘い出す恐るべきウデスパー兄弟の罠。生き残った陽子たちはデスパーへの復讐を五郎に懇願する。逆巻くクロスハリケーン。デスパー戦闘­機の大爆撃。そしてガイゼルの第三の参謀が出現した。危うし!イナズマン。

ジシャクデスパー登場
ゲストの陽子さん、綺麗ですね~
やっぱりイナズマンFには、綺麗なお姉さんがよく似合う;;;

ハイキングに行った大学生達が襲われる
恋人(ジロー)と友達を人質に取られた陽子さんはウデスパーαに五郎を連れてこいと脅迫される
山から生かして帰さないといったジシャクデスパーは基地を作っていたからだろうけど、そこへ、わざわざイナズマンを連れてこさせるαは、何を考えてるんだろうか???
怪訝そうな駐在さんだが、おそらくは県警本部に連絡して、で、ICPO関係の渡五郎を割り出したんでしょう・・・
割とすぐにやってくる五郎さん、訳も分からないままスーツ姿で山に連れて行かれます。
結局、恋人も友達も目の前で殺されて、半狂乱になる陽子さん

一対一の決闘を始めるイナズマンとウデスパーα
βが「手柄を独り占めするつもりか、ずるい奴」とαを貶したため
イナズマンの目の前で大げんかになる二人;;;
ウデスパーの力を受け継いだだけの兄貴は少し頭が弱いんだから、
知恵を受け継いだあんたの方が、兄貴の好きなようにさせておいて
適当なところで、折り合いをつけさせればいいだろうに
何をやっているんだろう;;;
止めに入ったジシャクデスパーをボコボコにするウデスパー兄弟;;;
上官だから反撃もできない可哀想なジシャクデスパー;;;
ジシャクデスパーの邪魔ばかり、この兄弟はやってるんじゃ;;;

ちょうど良い機会だから、ゼーバーで雷でも落として、3体ともまとめて始末すればいいのに、見ているだけのイナズマン
あまりにもバカすぎる敵に、固まってしまったらしい五郎さん;;;
怒り心頭のガイゼル総統;;;
公平無私だったあのウデスパーの分身とは到底思えないウデスパー兄弟(><)
ウデスパーも草葉の陰で泣いていることでしょう

自殺しようとする陽子さん
やけくそになって、死ぬとか騒いでいます。
でも、デスパーに捕まると、きゃ~、助けて~という陽子さん
「君はまだ分からないのか!!」
「分からないわ!!!」
イナズマンにくってかかる陽子さん
バカすぎる敵と逆切れ陽子さん、両方を相手にしなければならないイナズマンも大変です;;;

五郎さんの素敵な毒舌が聞けます
「兄弟揃っていつも弱い者イジメか!卑怯者のウデスパー兄弟らしいやりかただ!!」
「二人揃わなければ何もできない半人前!!」

「卑怯者ではないわい!!」
怒るα(この口癖で軍艦仮面やキリギリスグレイの声の人だって分かる)
さすがにβには通じず
「我らがクロスハリケーンが恐ろしいのだ」
言われてしまいますが・・・

喧嘩ばっかりしているのでクロスハリケーンの威力も半減
ガイゼル総統は合体ウデスパーにさせろと命令
喧嘩ばっかりしていると、デスパー軍団の軍律も滅茶苦茶になるからだろうな
恋人の敵をとろうとする陽子さんは、荒井さんとともに基地を破壊することに

ジシャクデスパーの戦闘機もライジンゴーで撃墜して
斜面での大立ち回り、とても迫力がありますね~
ジシャクデスパー、なかなかの善戦です
でも、結局、ゼーバーで粉砕
αがイナズマンを呼んでこなかったら、結構、ジシャクデスパーの5大都市空爆作戦は上手くいったかも知れない;;;
その間に、荒井さんが基地を爆破、陽子さんは援護に回ります。

ラスト、ナバローンのBGMと共に現れる、合体ウデスパー
兄弟を合体させて、元のウデスパーにならないのはなぜ??
それよりも、αよりさらに知能が下がって、ゴレンジャーの鋼鉄剣竜みたいに見えるんだけど;;;


デスパー軍団にあるまじきどつき漫才をやって、ガイゼル総統の怒りを買ってしまったウデスパー兄弟の運命やいかに;;;
ウデスパー兄弟も、ちょっと可哀想な感じもします
単体で登場したんだったら、デスパー軍団のお笑い担当;;;という立ち位置ですんだかも知らないのに
前任者が凄すぎたからね・・・事ごとに比べられるだろうし;;;
αなんかバカで乱暴だけど、陽子さんをあっさり帰してくれたり、結構可愛いところもあるんだけど;;;

今週の配信は11話には01の「りえこさん」、12話にもとっても綺麗な女優さんが登場します。
【2012/02/27 20:03 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
サイボーグ・ミスワンのこと
イナズマンFの第7話のキーパーソンは、このサイボーグ・ミスワンでしょう。
イナズマン・ミスワン・ウデスパーの物語は
ゴレンジャーの36話の空飛ぶ戦艦の話によく似ています。脚本家も同じ上原さんという人です。
そこでは、キレンジャー・大ちゃんに対し、サイボーグQ(水城亜矢)という美女が刺客として差し向けられます。
しかし、大ちゃん・サイボーグQ・軍艦仮面の話が切ないながらも暖かさが感じられるのに対し
ミスワンの話は、イナズマンとウデスパーの最終決戦にもかかわらず、何とも言えぬ居心地の悪さというか不安な感じがつきまといます。
=================================
「ゴレンジャー」では他のメンバーの忠告にもかかわらず、大ちゃんは、水城亜矢を信じています。
「あの人の目は綺麗じゃ。心の美しか証拠たい。」
正体が分かった後、「お願い、殺して」という亜矢に対し
「黒十字軍を抜け出したらどうかね。今ならやり直せる!水城亜矢として!」
設計図を返す亜矢
「亜矢さん、あんたやっぱり優しか人たい」
襲ってきた軍艦仮面には
「もう、許せん!!」
仲間には
「亜矢さんが、亜矢さんが」
大ちゃんの優しさにサイボーグQは軍艦仮面の弱点を教える・・・
=================================
「イナズマンF」ではどうでしょうか?
(これ以降は全くの私見なので、不愉快に感じられたら申し訳ないです)

「お前は私の猟犬だ。」
「今度の猟犬はなかなか出来が良い。」
ゾッとするようなウデスパーの言葉です
「あたしはウデスパーの猟犬なんだ。」
渡五郎の居所を教えるミスワン
しかし、ウデスパーはミサイルでミスワンもろとも渡五郎を殺そうとする。
確かに冷酷かも知れません。
しかし、戦闘とはそんなものだと思うのです。
何%かは死ぬ、しかし、その%が低ければ良しとする。
ある随筆にこんな一節があります。
「私(作者)は、カフェで野性的な男に会う。その男はパラシュート部隊の大佐だった。男は自分はスパルタ人だと言い、別れ際にこう語った。普段部下を死なせないようにしているから、いざとなったら彼らは自分のために命を投げ出すだろうと」
ミスワンにとっての「いざというとき」はまさにミサイルが落下した瞬間であり、まだ生きている渡五郎に飛びつき破壊光線を使うのが、兵士としての使命だったはず

しかし、彼女はそうはしなかった。
自分を殺そうとした上官・ウデスパーに対して疑念が生まれたのか
確かにそうだったのでしょう。
しかし、なぜ、ウデスパーの所になんか戻っていったのでしょうか
命令に背いた者、使命を果たせなかった者に対する、デスパー軍団の厳しい軍律は
ミスワンは、よく知っていたはずです。
逃げ出すことだってできただろうし、
裏切って渡五郎達の協力者になることもできたはず
あるいは、裏切れずに再び使命を果たすことも可能だったはず

しかし、彼女はウデスパーの所に戻り、よりによって
「私も殺すつもりだったんですね」
と恨み言を言う・・・
その言葉に、ウデスパーは当惑しているように見えます。
「お前は私の猟犬だ。主人の命令を聞いてさえいればいいのだ。・・・・さあ、猟犬らしく渡五郎に噛みついてこい。」
と正論で彼女を諭すウデスパー
兵士なら国(デスパー軍団)のために死ぬのは当たり前
酷いという以前に、兵士とはそう言うものだし
実際、30年前(1974年の本放送当時から考えて)の日本では、
兵士どころか女子供まで、国のために死ぬものだとなっていたはずです。

ところが、ミスワンはふてくされてそっぽを向く
よくあのウデスパーが、引っぱたいただけですませたものです。
飛び出していくミスワンに、裏切りの予感をウデスパーは感じたはずです。

渡五郎を再び殺そうとするミスワン、しかし、まともに戦って勝てる相手ではない。それなのに、真正面から向かっていくミスワン。
その姿は、まるでミスワンがイナズマンに殺してもらいたがっているようにさえ思えます。しかし、
「お願い、殺して」
というミスワンに対して渡五郎がかけたのは
「命を粗末にするものではない」
という正論です。
ウデスパーに撃たれてしまうミスワン、しかし、水城亜矢のようにヒーローをかばっての事ではない
五郎さんも大ちゃんのような怒りではなく
「部下を手にかけるのか」
という正論めいた言葉です。
それに対し、ウデスパーも正論で返します
「戦えないものに生きる資格はない。それがデスパー軍団の掟だ。」
「サイボーグにだって命があるんだぞ。」
正論の応酬の後、二人は最後の決闘をします。
そして、ウデスパーはイナズマンの必殺技ではなく、ミスワンの恨みのペンダントによって死んでいくのです・・・

なぜ、ミスワンはウデスパーに会いに行ったのでしょう。
ウデスパーに髪の毛を触れさせるミスワン
ミスワンはウデスパーに特別な感情を持っていたような気がしてならないのです。
もちろんウデスパーにとってミスワンはただの持ち駒の一つに過ぎない。
しかし、ミスワンはウデスパーが自分に特別な感情を持ってくれるのではないかと思っている。
しかし、ミサイル攻撃で自分がただの持ち駒だと分かってしまう。
自分が持ち駒だと認めたくない、否定して欲しくてウデスパーに会いに行った・・・そう思えてならないのです。
もちろん、デスパー軍団に忠誠を誓っているウデスパーが、そんなミスワンの感情に気づくはずもなく、二人の会話は全くかみ合わないまま、ミスワンは基地を飛び出すのです。

五郎さんと荒井さんはどうでしょうか
ミスワンに対し
「悪のために作られたサイボーグ、憎むべきは彼女を操っているウデスパー。」という五郎さん
「サイボーグ、戦うための機械か、いや違う。サイボーグだって人間だ。人の心を持っているはずだ」自分がサイボーグである荒井さんでさえ、一般的な正論を口にします。
亜矢さんの目は綺麗じゃ。おどんは信じてる。といった大ちゃんに対し何と言う違いでしょうか・・・
最後の最後まで五郎さんはミスワンを名前で呼んでいません。
でも、これは大ちゃんが優しくて、五郎さんと荒井さんが冷たいと言うことではありません。
予備軍のいるゴレンジャーと違って
デスパー軍団と戦えるのはイナズマンの渡五郎ただ一人
サポートできるのも、インターポールの作ったサイボーグ荒井誠だけ
なのです。
二人に私情に流される余裕などありません。
ウデスパーがデスパー軍団の大義のために戦う戦士であるのと同様に
渡五郎も荒井誠も、人間の自由という大義のために戦う戦士なのです。

大義名分の男達の間で、ミスワンは誰にも理解されず死んでいきました。
「これでウデスパーを・・・」
というミスワンの最後の言葉は、つれない男に対する女の無理心中にさえ思えます。

ウデスパーがゼーバーではなく破壊光線で倒された時、ガイゼルは全てを悟ったように思えます。
二度と得られぬ有能な忠臣を、取るに足りない(とガイゼルが思っている)私情のために喪ったガイゼルの怒りと無念さはどのようなものだったのでしょうか・・・
【2012/02/22 20:48 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 7話 8話
第7話「大決戦!ウデスパー対イナズマン!!」

ウデスパーが送り込んだ凄腕の秘密兵器は女サイボーグのミスワンだった。遂にウデスパーを追い詰めるイナズマン。激突するウデスパーハンド対念力キック。かざせゼーバー。­飛べライジンゴー。


足下だけのカットから始まり、階段を上るシルバーグレーのブーツ
ゾクゾクするほど格好いい
今回の主役は、完全にウデスパー
イナズマン・五郎さんは脇に回ったお話

切り札のサイボーグ・ミスワンを作らせるウデスパー
できあがったミスワンの頭をそっと撫でるウデスパー・・・ちょっとゾクッとしました。
特撮で相手の体に触れる場合・・・
たいていヒーローが子供の頭を撫でるか、仲間同士で信頼を高め合う時
もしくは人質で、敵方が雑に扱う時・・・
今回のウデスパーの行為はどれにも当てはまらず、何か、不思議な不安な感じがします。
上等な猟犬だと、作った技術者にいうウデスパー
サイボーグ・ミスワン、007の陽子さんですね
ミスワンの正体を見破る五郎さん
眠っているふりをして拳銃を構える荒井さん
隙のない脚本、ハードな展開です
「そうだ、ミサイルを撃ち込むのだ」「ミスワンは?」「そんなことは心配しなくてよい」
ミスワンもろともミサイルで攻撃、相変わらず冷酷なウデスパー
殺されそうになったサイボーグ・ミスワンは、なぜか基地に戻ってくる
「私も殺すつもりだったんですね」恨めしそうに見つめるミスワン
お前は私の猟犬だ、命令に従えというウデスパー
使命を果たせなかったミスワンを処刑するウデスパー
五郎さんがイナズマンになるまで待ってやるウデスパー
両雄の激突、迫力のある立ち回りです。
冷酷非情なウデスパーですが、やはり魅力的です。

必殺技、ゼーバーもダメージのみのウデスパーに、イナズマンが放ったのはミスワンのペンダント

死んだウデスパーの残骸を集めるデスパー兵士たち
誇り高き戦士への弔いのため・・・そう思ったのですが

「ウデスパーは我がデスパー軍団の誇りだ。」
ここまで、主君・ガイゼル総統に言って貰えれば、戦士として名誉の極み
ウデスパーも満足して死んでいったことでしょう

しかし・・・ガイゼル総統の望んだのは、ウデスパーの復活だった



第8話「ウデスパー兄弟! クロスハリケーン!!」

デスパー戦闘機をスケッチした清と多美の姉弟はジェットデスパーに命を狙われる。遂に出現した、強敵・ウデスパーαとウデスパーβ。ウデスパー兄弟のクロスハリケーンが怪­しく逆巻いて迫り来る


ウデスパーの残骸から、新しく甦ったウデスパーαとβの兄弟
しかし・・・精巧な機械が一端壊れると、メンテナンスが次々必要で、どんどん劣化するというのを地でいったような、αとβの兄弟;;;
作戦をめぐって大げんかする二人;;;デスパー軍団でどつき漫才はやめて下さい!!
止めに入ったジェットデスパーは、αに突き飛ばされて、壁に激突
どっちの作戦にするか(と言ってもβの方は何の対案も出してないけど;;;)ジェットデスパーが決めろと言うβ;;;
どっちをとっても恨まれるのはジェットデスパー;;;可哀想に
自分の作戦でやりますって・・・あの場合そう言うしかないですよね;;;

捕らわれた姉弟を救出する五郎さんと荒井さん
その前に現れる、ウデスパー兄弟とジェットデスパー
荒井さん達を人質に取るチャンスだったのに、そのままにしておくウデスパー兄弟;;;

凶悪な感じだったという荒井さんだけど、人間態もちんぴらにしか見えないウデスパー兄弟;;;
ジェットデスパーは多美さんに時限爆弾を装着して、イナズマンを誘い出すが・・・テレポートでイナズマンに逃げられ、ライジンゴーと水中戦に
起爆装置もろとも自爆しようとするジェットデスパーだが、イナズマンの分身技にしてやられる
しかし、ジェットデスパーに任せろと言って、そのまま放置するウデスパーβ・・・元祖ウデスパーには遠く及ばないウデスパー兄弟;;;

まだ新米参謀だから;;;そのうちマシになるんだろうか;;;


今週の配信、ウデスパー兄弟の迷采配が見られる10話はとくにお勧めです;;;
【2012/02/21 20:36 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0)
イナズマンF 5話 6話
第5話「DESミサイル空中戦!!」

DESミサイルを奪取したデスパーを追跡したイナズマンは、健一少年の念力によって透視を妨害されてしまう。突如発射されるミサ­イル、空中爆発するジェット戦闘機。恐るべき秘密兵器、DESミサイルの攻撃目標はわれらのライジンゴーだ。

DES・・・どういう意味なんでしょうか?
ジープに搭載型の地対空ミサイル、番組の中で自動追尾装置が付いていることも分かります。
制空権の確保につかうんだとか

多分ゲリラ達から、DESミサイルをかう黒衣の男
黒十字軍のように、お金を払う気はさらさら無いデスパー軍団
だまし討ちした後、マシンガンデスパーに変身します。
デスパー軍団の怪人はどれもシンプルでスタイリッシュなんですが
これは特別格好いい怪人(ロボット)ですね、マシンガンデスパー
第二次大戦のドイツ軍のヘルメットをかぶり、腰にマシンガンの2丁拳銃
ウデスパーと並んでもどちらが上官か、見た目では分かりません

DESミサイルの試射なんかしたものだから、荒井さんと五郎さんにかぎつけられます。
ライジンゴーでやってくるイナズマンですが
ウデスパーの加勢もあり、DESミサイルはデスパー軍団の手に

超能力を使う少年が、イナズマンの透視能力の邪魔をしてしまう
スプーン曲げとかユリゲラーとか・・・あの当時異常にはやりました。
新聞がインチキだったと記事にしていたような気がします
少年とその姉は、五郎さんと荒井さんから超能力を使うなと注意されますが
見ず知らずの大人から、そんな突拍子もないことを言われて、信用しろというほうが無理かも知れない。

寡黙なガイゼルに戻って、チェスで命令
マシンガンデスパーが少年に近づき、五郎さんをおびき寄せ、ウデスパーの援護もあって、五郎さんを捕虜にします。
撃ち殺そうとするマシンガンデスパーをとめる、ウデスパー
「ガイゼル総統が決めることだ」
とても冷静なウデスパー
とにかく五郎さんをガイゼル総統の所に連れて行く、ウデスパーとマシンガンデスパー

ガイゼル総統もイナズマンを認めたのか、デスパー戦士に改造するつもりに
基地に忍び込む荒井さんが、デスパー基地のブレーカーを落とし、その隙に少年の超能力と連動して、サナギマンに変身。

DESミサイルでライジンゴーを落とそうとするマシンガンデスパーですが
超能力ではね返されて、終わり
イナズマンを崖から突き落としマシンガンを構えるマシンガンデスパーに
ゼーバーで雷を落として、マシンガンデスパーは爆死

格好いいマシンガンデスパーだったので、もっとイナズマンと戦って欲しかったですね
この年になって見るせいか、子供が出てくると、イナズマンFの非情な世界に合わないような気がします。
少年のお姉さんは、牧れいさんというかた、有名な人のようです。


第6話「ガイゼルの大要塞」

突然占拠されたニュータウン。荒井が助けた未知子は、地下で円盤が製造されるのを目撃していた。デスパー軍団は街のど真ん中にガ­イゼルの大要塞を築いたのだ。戦うイナズマンに、ナイフデスパーの空手と怪しげな飛行物体が次々と襲いかかる。

ニュータウンがあるとデスパー軍団の前線基地に邪魔だというウデスパー
怒るガイゼル総統

デスパー軍団のとった手段は・・・
ミサイルでニュータウンを爆撃した上に、逃げ回る住民に機関銃を掃射
女子高生1人を除いて、お巡りさんから子供まで皆殺しに
倒れた人、1人1人にやりで突き刺してとどめを刺すという、念の入れよう
「この町はデスパー軍団が占拠した、お前達には死んでもらう」
「一人残らず殺してしまえ」
ウデスパーの怖いこと;;;
子供の特撮番組、夕食時のお茶の間でみんなで見る内容とはとても思えません。
よくこんなの放送できたものです・・・

廃墟となった、ニュータウンをみて
「これはひどい」
という五郎さん(紺のブレザーから、ライトブラウンのスーツに替わってますね)
バリケードを突破するライジンゴー、信号弾で知らせるデスパー兵士
とてもリアルな演出ですね

現れるナイフデスパー、この怪人も格好いいです。
荒井さんがナイフデスパーの毒刃を受けてしまう、焦る五郎さん

そのころただ一人生き残った女子高生は、地下の秘密基地を発見、逃げ回るうちに、荒井さん、そして五郎さんと遭遇
ニュータウン皆殺しという事実に驚く二人・・・廃墟に逃げ込みますが
ナイフデスパーの姿にパニックを起こして飛び出す女子高生、かばって銃弾を受けてしまう荒井さん

荒井さんはインターポールが改造したサイボーグだった?!
驚く五郎

そして、地底基地から現れる円盤、応戦するライジンゴー
ナイフデスパーは目つぶしをされた後、念力パンチで爆死

今回の立ち回りは、なかなか迫力があって格好良かったですね
しかし、荒井さんがサイボーグ、超能力者・渡五郎にとってかけがえのないパートナーとなった瞬間のようです。

ニュータウン爆撃、住民虐殺には驚きました。
仮面ライダーでも、毒ガスで・・・という場面もありましたが
これほど派手にやったのを見たのは初めてです・・・
爆煙の上がる中、かなりな数のエキストラが逃げ回るシーンは、子供番組とはとても思えません・・・
ヒーロー物と言うより戦争物と言った方が良い感じさえします。
ウデスパーやナイフデスパーのような着ぐるみの怪人が出ることで、辛うじて子供番組と思えるだけで、もし出なかったら、凄惨すぎて見るに耐えられないものになったことでしょう。


今週の配信で、ウデスパーも退場ですね。
ウデスパー参謀、とても格好いい敵役だったので
もっとウデスパーのままで活躍して欲しかったです。
【2012/02/14 18:13 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
イナズマンF 3話 4話
第3話 水爆500発

バーナーデスパー登場
デスパー軍団の怪人(ロボット)は、○○デスパーという名前なんですね。ゴレンジャーが○○仮面で統一しているように

タイトルで思いっきりネタ晴らしをしていますが
ガイゼル総統もバーナーデスパーも富士カナル作戦としか言わないところが、いいです。
べらべら計画をしゃべってしまうと、それだけで間抜けに見える。
寡黙なデスパー軍団は、ハードさを引き出していて、なかなか格好いいです。

追突事故から謎の暗号文を手に入れる五郎さんと荒井さん、そして警察
偶然から見えてくる事件の概要・・・天網恢々というか
隙のない脚本・・・刑事ドラマのようですね~
ウデスパー参謀の助力を断って、単身、警察署に乗り込むバーナーデスパー・・・警察署皆殺しという荒技;;;
駆けつける五郎
五郎を尾行するバーナーデスパー
デスパー軍団の怪人(ロボット)は頭が良いな~
まあ、あの姿で思いっきり後をつけるから、五郎さんにはすぐにばれてしまうんですが
火炎放射も逆転チェストではね返されてしまい、逃げ去るバーナーデスパー
五郎さんも、計画が重要なこと、そして、まだ準備の段階だと知ります。
お互いのさぐり合いとか、これ本当にヒーローものか?というハードな展開
暗号文を解読する荒井さん
糸魚川-静岡構造線(活断層)にそって、水爆を爆破
見事な作戦ですね~、本当に日本はまっぷたつになりそうだ。
しかも、人間の会社(ジパングカンパニー)が関わっている・・・強欲な連中を利用しようとするデスパー軍団
なかなかリアルです。
口封じをするウデスパー、さすがに隙がないな~
瀕死の男から場所を聞き出すも、ウデスパーの強襲を受け、荒井さんは気絶、鞭でしばき倒されるサナギマン
腕にライダーマンみたいに、いろいろな武器を装着できるウデスパー、腕とデスパーでウデスパーなんですね
電鋸をかけられるサナギマン
びくともしないばかりが、電鋸の歯が全部折れてしまうし、
ウデスパーのバルカン砲も全く効かず、さっさとイナズマンに変身

サナギマン・・・不死身じゃないですか;;;

ライジンゴーで地下のバーナーデスパーの基地に乗り込むイナズマン
起爆スイッチを押してもまだタイムラグがある!
そこで、バーナーデスパーは、自らを囮にして、イナズマンを空中に誘い出す。
バーナーデスパー、水爆作戦を任せられるだけあってなかなか優秀な怪人です。
善戦するも、イナズマンは脱出、地上でぼこられる事に・・・最後はゼーバーイナズマフラッシュ

水爆も、いつのまにか戻ったイナズマンが止めて、めでたしめでたし


第4話 謎の飛行船宇宙へ

ドリルデスパー登場
突っ込み満載;;;(宇宙へは行ってません)

累々と横たわる警備員の死体
さてはデスパーか!と思いきや、国際強盗団(もちろん人間)の暗躍、しかし、
「50億の金塊は全てデスパーのものだ!」とドリルデスパー登場(ヒトデムラサキの声の人)
皆殺しにされる国際強盗団、因果応報です。
しかし、外で待っていた強盗団の頭、カジモト
金塊がデスパー軍団に奪われるのを見るや、ワゴンで追跡、ドリルデスパーの乗ったトラックにワゴン車で体当たり。
ドリルデスパーたちをトラックから振り落とす。
変なロボットの乗っているトラックに体当たりをするなんて;;;
人間の強欲パワーはすごすぎます;;;
取り返そうとするドリルデスパーだが、ここに荒井さんとイナズマンが登場
ドリル殺人光線を浴びせるも、
「そんなものは私には通用しない!!」
と、イナズマンに言われてしまう、可哀想なドリルデスパー;;;
嘘でも良いから少しは痛がってあげなさいよ、イナズマン;;;
荒井さんはデスパー軍団のトラックで追跡するもカジモトに爆弾を投げつけられてしまう
国際強盗団はデスパー軍団より悪質ですね・・・

カンカンに怒っているガイゼル総統
なんか、いつものガイゼルらしくないな、やたら、しゃべっているし・・・ギル様に戻ったみたい・・・寡黙なガイゼルの方が良い;;;いつものようにチェスでウデスパー参謀に知らせるほうが・・・

なぜか、デスパー軍団の基地の上の教会のマリア像の台座に隠している金塊50億;;;カジモトはドリルデスパーに始末されてしまう
デスパー軍団はともかく、荒井さん達はどうやって、ここだとわかったんだろう???マリア様なんか、そこら中の教会にあるでしょう???片っ端から探しまくったのかね五郎と荒井さん;;;
神父の姿でやってくる荒井さん、白塗りのねーちゃん(デスパー兵士)達のお出迎え
人質になる荒井さん・シスター・子供達
偽シスターが、金塊はお前達をおびき寄せる罠だった、イナズマンも面白いことになるといったとたんに
「チェスト!!」というかけ声とともに台座から飛び出してくるイナズマン;;;あんたは手品師か???
折角シスターに化けたドリルデスパーだけど、何の役にも立たず、人質とともに逃げ出すデスパー軍団;;;
ウデスパー参謀、登場
お約束の人質作戦だけど、飛行船の綱を一本ずつ切っていって・・・あまり意味がなさそうな、ウデスパーも熱くなりすぎだし・・・いつもと違いますね・・・
完全にドリルデスパーにイナズマンを任せて、自分はミサイルを作る方に専念した方が良いと思うんだけど・・・
女性デスパー兵士達に地底に引きずり込まれるイナズマン、地下牢の壁が動いてきて、押しつぶされそうになります。
「せんべいにしてやる」
ウデスパーがそう言うと、なんだか可愛い感じがしますね;;;
いよいよミサイルを発射しようとするウデスパー
絶体絶命のイナズマン
しかし、ゼーバー逆転チェストで壁が逆転・・・V3やライダーマンは命がけで壁を止めたりしたのに;;;
つづいて ゼーバーテレポーテーションで、ウデスパーのいるミサイル司令室まで、テレポート;;;
台座から飛び出してきたわけだ、テレポーテーションだったのね;;;
あとはミサイルに飛びついて、バンバのミサイルの時と同じように方向転換させて終わり
祝杯を落としているガイゼル総統もらしくないな~
全く良いところのなかったドリルデスパーが最終決戦に挑みますが、ぼこられて終わり;;;


超能力って何でもありなんですね・・・
応援する気も失せるんですがイナズマン;;;
V3だってサイクロン号でやってくるまでに、もしかしたらデストロンのミサイルが発射されちゃうかも知れないとか、テレビを見ていた子供達は、V3早く来て~って祈ってただろうし・・・
でも、テレポーテーション;;;
地球の裏側にいたって一瞬でやってきそう、祈らなくたって絶対大丈夫じゃん、緊張感が失せるというか・・・

今回の配信、3話はとても面白かったのに、4話はばたばたしていたな~と思ったら
前半と後半で脚本家さんが違いますね、前半、多分1~3話まで、は上原って人(この人ゴレンジャーの脚本も結構書いてるはず、マグマンの回もそうだったし)、この人のお話の方が好みですね・・・
後半は、ゴレンジャーのミス・サファイアの話にちょっと似てるから、カジモトvsドリルデスパーvsイナズマンに絞ってやった方が面白かったかも;;;
【2012/02/12 21:19 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
イナズマンF 1話 2話
前回、ギル様のどアップで終わってしまったうえに、予告編もなかったので
もし、これでお終いで、TUTAYAで借りなければならなくなったらどうしよう;;;と思っていたので
ほっとしました(^^;;

キカイダー・ジローvsギル様の戦いは
舞台をイナズマンの世界に移して、第二ラウンド開始;;;
ジローさんは超能力者イナズマン・渡五郎として
ギル様はガイゼル総統として、ダークならぬデスパー軍団を率いて再度登場

1話 恐怖のガイゼル総統と謎のデスパー軍団

新しいパートナー登場のお話

ウデスパー、およびハンマーデスパーの攻撃から何とかその場を逃れた渡五郎だが、偶然五郎を助けた若夫婦、作業員達が無惨にもデスパー軍団に殺されてしまう。五郎の危機を救ったインターポールの荒井誠とともに地下の秘密基地で暮らすことになる。命令違反のハンマーデスパーは、処刑を免れるために再度イナズマンと戦うが・・・

バンバとの戦いで、エネルギーを使い果たした五郎さん
あらわれたガイゼル総統(ギル様)は幻影のように消えてしまう
夢だったんだと、ほっとする間もなく銃撃
完全にウデスパーが敵なんだとを分かる瞬間です。

新たにハンマーデスパー(キリギリスグレイや軍艦仮面の声の人)まで参入。
謎の狙撃手に邪魔をされて、その隙に逃げ出すイナズマン。
ハンマーデスパーに命令していることから、ウデスパーが上官だと言うことが分かります。
でも、驚いたのが、ハンマーデスパーの行動、いきなりウデスパーを崖から突き落としてしまうんだから
いや~~、怪人同士って仲悪いんだけど、ここまで酷いのは初めて;;;

ハンマーデスパーの方は雑な攻撃、(ジェット戦闘機で機銃掃射をしたら命中率は悪いだろう)、で、結局、五郎を逃がしてしまう。まあ、死んでしまった若夫婦に爆弾を仕掛けておくのはえげつないといえばえげつない。
危機を救ってくれた狙撃手、荒井誠(インターポール)に地下のアジトに案内されますが
五郎さんはごうさくさん達と連絡を絶つようですね。
デスパー軍団のやり方だと、ごうさくさんも坊やも、本当に殺されてしまうかも
渡五郎に関わったものは全て死ぬ、と言うような展開では、地下にこもるしかないかも知れません。
秘密基地もゴレンジャー基地のようで住み心地は良さそうです。
でも、本当にこの荒井さんを信じて大丈夫なんだろうか??悪人顔だし;;;

チェスをやっているガイゼル総統
そばで見ているウデスパー
ウデスパーって、ただの上官じゃなくて、側近中の側近じゃないの~???
そんなのを崖から突き落としておいて、大丈夫なのか??
案の定大丈夫じゃなく、連行されてきたハンマーデスパー;;;
殆ど表情を変えず、お前の役割は?と静かに尋ねるガイゼル総統、怖い・・・・

ガイゼル総統が怖すぎて、イナズマンが見られなくなった子供達は沢山いたに違いないです;;;
私がギル様が怖すぎて、キカイダーを見られなかったのと同じように;;;

どうやら命令違反もやったようですね、死刑は確実のようです
ハンマーデスパーの首を一撃で切り落とすガイゼル総統、この人は人間じゃないんでしょうか
今日中にイナズマンを倒してこいと言われる、ハンマーデスパー
「ハンマーデスパーに自信がなさそうですよ」
と、冷ややかにいうウデスパーの怖いこと

工事現場で渡五郎と戦うハンマーデスパーですが、さっさとイナズマンに変身されて、一方的にぼこられる事に・・・
仕方がないので、ウデスパーは幼稚園バスを人質につれてきます。
ウデスパーって部下の尻ぬぐいもやるのね;;;
人質で有利になったハンマーデスパーだが、荒井さんの援護で人質は解放
今度はイナズマンが、一方的にぼこって、ゼーバーイナズマフラッシュで雷を落とした後、投げ飛ばして終わり


2話 戦慄のサファリ

人間狩りの話

スポーツ選手ばかり誘拐され、死体で発見された。現れるノコギリデスパー。荒井は遺体に付いていた土から鬼神峠をわりだす。ガイゼル総統はミュータントを殲滅するため誘導ミサイルで攻撃させる。一方、ガイゼル総統は趣味のサファリを行う。的になる渡五郎・・・

ノコギリデスパー登場、ゴレンジャーの歯車仮面にちょっと似ています
サファリ計画って・・・
スポーツ選手をジープとバイクで追いかけ回して、アーチェリーで射殺すなんて、今じゃとっても放映できないと思います;;;
ガイゼル総統の表情が鬼気迫るので、本当に射殺されるんじゃないかと、勘違いしてしまいそうだ;;;
まあ、23話なんかでも子供が絵の具まみれで死んでたりしたから、あの当時は全然OKだったんかも知れないけど;;;
ミュータントを殲滅せよという政見放送?を行った後、趣味の人間狩りをやるという気まぐれ
総統の趣味に合いそうな人間を拉致してくるウデスパーとノコギリデスパー・・・・
総統のジープにバイクでつきそうウデスパーにもそう言う趣味があるのでしょうか・・・・
気まぐれで、誰の言うことも聞かないのが独裁者の独裁者たる所以だろうけど
本当、酷いわ;;;あの当時見た子供はトラウマにならなかったんだろうか???
(でも、V3だって市街地に毒ガスをまいたり、団地を皆殺しにしたり、働けなくなった人間を毒ガスで殺したりしてるから・・・それを見ていた自分が、どうにかなったかっていうと、V3の格好いいことは覚えていても、そう言う酷いところはすっかり忘れているから、平気なのかも知れません;;;)
荒井さんに奥さんと子供がいることが判明。
こんな危険な仕事に就いていて、覚悟はしてると言ったけど、奥さんと子供がいる・・・大丈夫なんだろうか、それこそデスパーに狙われるんじゃないでしょうか

渡五郎はたしか天涯孤独(母親は、バンバに殺されているはず)だから、後顧の憂いはないはずだけど;;;;

的になって逃げ回っている間に、荒井さんはスポーツ選手と脱出
肩を射抜いたところで、飽きてしまったのか総統はウデスパーと帰還、こんなところも独裁者らしい気まぐれなのでしょうか?
ノコギリデスパーと空中戦、水中戦を行うイナズマン
ゴレンジャーのバリドリーンやコンドラー爆撃隊の空中戦の元はここからかも知れませんね~
陸上で最後に戦うノコギリデスパーだが、やっぱり必殺技ゼーバーイナズマフラッシュで爆死
戦いに勝った渡五郎の目の前に、目を射抜かれたイナズマンのお面が・・・悪趣味な嫌がらせですね、ゾッとしました;;;

ハード、えぐい描写もあるし、でも、好みかも・・・とくに、第1話の怒濤の展開は、何回見ても飽きませんね
荒井さんと五郎さん二人だけってのは良いかも・・・
ごうさくさんってキカイダーのハンペンの立ち位置なのかも知れないけど、デスパー軍団だと本当に殺されそうだから

荒井さん悪人顔だけど、FBIの滝さんぐらい役に立ちそうだし
立花のおやっさんぐらいサポートしてくれそうだし
ウデスパーが味方になってくれるかもと思ったけど
ああいう冷酷非情な感じだと、とっても無理そうです;;;

デスパー軍団の怪人(ロボット?)も結構好みかもしれない。まだ3人しかでてないけど、ゴレンジャーの砲丸仮面や歯車仮面に似ていて、シンプルでなかなか格好いいかもしれない。

荒井さんがもし、単独で出てきたりしたら、ウデスパーの人間態かと疑ったかも知れません
【2012/02/12 12:58 】 | イナズマンF | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
イナズマン24話・25話
イナズマン、バラバンバラの印象がとても強く、暗い話なのかな~と思ってたんですが
24話になってから急にテンションが高くなった気がします。


24話 謎のロボット戦士?

鉄塔の影に隠れて、何かを伺う謎のロボット戦士(ゴレンジャーの砲丸仮面に似ている)のカットから始まりました。
宙返りしてバイクに乗るロボット戦士、ミサイルを運ぶ新人類のトラックを襲撃。
そして、やってきた渡五郎(ジローさん)を尻目に、一言もしゃべらず、悠然とバイクで去っていくロボット戦士、とても印象的です。
何者なんでしょう。

その後、イシバンバラに誤解されてしまう、五郎さん
確かにイナズマン以外、邪魔をするものはいないはずですが・・・

屈強な男達を拉致していく新人類
お巡りさんも、イナズマンのことを知っているようです。
「労務者」って言葉を使ってますね、今じゃ使えないかも・・・
五郎さんの友達(ごうさくさん?)も捕まります。
ミサイル基地を作って、試射する新人類
射程から、基地が割り出されるから、試射したらダメだと思うんですが???
ごうさくさんと拉致された「労務者」達が脱出しますが
ごうさくさんだけ救われます。
ミサイル基地が完成したので、労務者達を処刑しようとする新人類、崖の上から冷ややかに見ているロボット戦士。
やっぱり、助けてはくれないようです。

イナズマンが現れて、戦闘機でイナズマンを爆撃、
ジェット戦闘機を使ってますね、ゴレンジャーの黒十字軍よりも科学力が上なんでしょうか、新人類帝国って?
ライジンゴーで撃墜するイナズマン、イシバンバラも一方的にやっつけて、終わり

その間に、ロボット戦士が基地を襲撃、ミサイルを発射してしまいます。
間一髪でイナズマンが軌道を変えますが・・・
バンバも自分じゃないと困惑気味・・・

やっぱり敵なのかな~ロボット戦士、味方になって欲しいけど

ミサイルを発射したのは一体誰なんだ?という五郎さんの独白
最後は、砲丸仮面似のロボット戦士のアップで終わり
寡黙なロボット戦士の格好良さが目立った回


最終回 壮烈! 帝王バンバの最期!!

ついにロボット戦士が新人類の組織をのっとることに

下っ端の兵士に踏み絵をさせてます、バンバの顔
バンバの顔が床におかれているのは、相当シュールです。
新人類=隠れキリシタン;;;
バンバの下で働くよりは、ロボット戦士のほうが格好良いだけマシかもしれない;;;

五郎さんを埠頭に呼び出す新人類
手を組もうというバンバ、拒否すれば日本沈没だそうです。
あの当時はやりました・・・大予言とか日本沈没とか

何を今さらと五郎さんは拒否しますが、下っ端の兵士が、変なリングで、五郎さんもろともバンバを捕らえます。
バンバは殆ど部下に裏切られてしまったようですね。

あまりのヘタレぶりに俺と組む理由が分かったよとあきれ顔の五郎さんです・・・
がけの下で処刑されそうになる五郎さんとバンバ

あのロボット戦士がやってきます。
言い訳も聞かず、自分のことも話さず(これは目立ちたがりの敵が多い中では希有のことかも)、さっさと処刑しようとするロボット戦士。

助けに飛び出すのは坊やとごうさくさん、坊やめがけて、銃弾の雨霰、でもケガだけですむのがお約束;;;
どさくさに紛れて、サナギマンに、さらにイナズマンに変身する五郎さん
しかし、バンバが情けない、五郎さんが素手でちぎったリングもとれずに、ごうさくさん達と逃げ回る姿に、本当にあんたはラスボスなのか?と突っ込みたくなります。
バンバも地殻変動装置の場所を教える約束で、助けてやることに・・・しかし、当然、約束を破るバンバ。
最後の手段と体の一部から、イナズマンはゼーバーという超能力増幅装置を作る・・・触角をむしったりして、とっても痛そう;;;
バンバは、大したこともなくゼーバーでやっつけられ、次の瞬間、巨大化したバンバが水平線の向こうから現れたと思ったら、爆発して終わり???大きくなっただけで、エネルギーを使い果たしたんでしょうか?

巨大化したまま戦ってゼーバーで再び倒された方が、ラスボスらしいような気がしますが;;;

帝王バンバに一応敬意を表する五郎さん・・・バラバンバラってバンバに殺されたんじゃなかったっけ?
親の仇が、こういうヘタレでは・・・それも記憶違いで、イナズマンが手をかけたんだったっけ??
たった一人のあのロボット戦士に帝国を乗っ取られ、下っ端の兵士にまで裏切られ、情けなさ過ぎて逆に可哀想になってしまうバンバ;;;それをずっと相手にしていた五郎さん;;;

これで終わりなんだなと思ったら、急展開

ふらふらの五郎さんの前にあのロボット戦士が現れます。
やっと、自己紹介をしてくれるロボット戦士

「ウデスパー」という名前だそうです。

「バンバは部隊長に過ぎない。」
部隊長が帝国を名乗っちゃいかんでしょうが;;;
このロボット戦士・ウデスパーはバンバの上官だったようです。それもかなり上の・・・
部下が勝手なことをやったんで粛正にきたわけ・・・

ウデスパーはデスパー軍団に所属しているといいます。
そして、ジェット戦闘機とともに、崖の上にデスパー軍団の総帥、ガイゼル総統が・・・
おお、プロフェッサー・ギル、最後の最後で登場・・・
イナズマンをyoutubeで見始めた理由の一つが、プロフェッサー・ギル(役の人)がででてると聞いたからなんですが・・・
やっぱり、さすがに半端じゃなく怖い;;;
すごい眼光、片目じゃないですか
プロフェッサー・ギルの時とは、随分感じが違う・・・

ギル様のどアップで終了

これからイナズマンFへ・・・一気に面白くなったような感じ、でも、子供達はどう思ったのかは分かりません。
逆に、プロフェッサー・ギル=ガイゼル総統が怖くて、見られなくなったという子供達は多かったかも知れません。
子供だった私が、プロフェッサー・ギルが怖すぎてキカイダーが見られなかったように;;;
【2012/02/10 22:35 】 | イナズマンF | トラックバック(0)
イナズマンで覚えていること
東映の特撮で、子供の時リアルでずっと見ていたのは、仮面ライダーとV3だけでした。
他の特撮で覚えているのは、快傑ライオン丸とレインボーマンぐらい
むしろ、マジンガーZやガッチャマン、キューティーハニーなんかを見てました。

ゴレンジャーを見始めてから、
偶然イナズマンも、最終話に近いところから見始めて、はまってしまいました

イナズマンも子供の頃殆ど見たことがありません
覚えているのは、イナズマン渡五郎のお母さんが、バラバンバラという敵の怪人で
戦って、正気に戻るんだけど死んでしまうお話と、
子連れ狼の大五郎役の子をイナズマンが抱き上げていたカットだけ・・・

バラバンバラの話はなぜか印象に残っていて、お母さんが、お前も新人類帝国に来ておくれ・・・
っていうところが妖艶で怖かったこと
やっぱり敵なのかと五郎さんのことを、仲間が非難するシーンに、子供心に酷いなと思ったこと
お母さんの腕に五郎と同じバラのアザがあったこと・・・

youtubeで見つけた時は19話ぐらいになっていて、バラバンバラの話は見ることはできませんでした
だから、その記憶があっているのかは分からないのですが
五郎が可哀想だと思ったことだけは覚えているのです。

youtubeで今回見て
イナズマンが何となくですが、独りぼっちで可哀想だと
子供の時思っていた理由が分かったような気がします

ジロー(キカイダー)役の役者さんが、イナズマンを演じてたからかも知れません
キカイダーも、子供の時殆ど見たことがなくて、
(キカイダーはハカイダーの登場からyoutubeで見ることができました)
ジローって独りぼっちだと思っていたので、同じ役者さんだったので
同じイメージになったのかも知れません

結局19話~23話までは、ちゃんと通しで見ませんでした;;;
ボクシングをやったり、毒で仮死状態になって土葬にされかけたり、絵の具のミサイルが出てきたり;;;
仲間もいるし、ジローのように孤独ではないんだけど・・・
サポートになってないな~、少年ライダー隊の方が頑張ってるな~って

俄然面白くなったのは、24話からでした
むしろ、イナズマンの続編、イナズマンFに24話からはなっているのかも知れません
【2012/02/09 18:45 】 | イナズマンF | トラックバック(0)
| ホーム |