忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/18 17:16 】 |
ジャッカー電撃隊 最後はシリアスに
第33話「電撃隊全滅か?!クライムのお料理教室」
幻覚剤で同士討ちをはじめたジャッカー。番場は敵がひそむ料理教室に潜入する。

バッファロー提督(丸山さん?)
幻覚剤を食事に混ぜて同士討ち、そして、人間爆弾でというえげつない作戦のはずが;;;

大暴れする玉三郎(爆)
番場さんは玉三郎のコスプレで倉伊部お料理教室へ;;;
実験室で高圧電流をくらう番場さん
傾いて倒れている(爆)
本当に固まっているみたいに、いやあ宮内さんの演技は素晴らしい
一瞬だけ笑う番場さんに、こっちも釣られて笑ってしまう
今回も早川健
コミカルな立ち回りの後、さっさと出ていく番場さん
悔しがるバッファロー提督に
鉄の爪の
「大洞吹きの腰抜けだ。二度とそんな面、見たかねえ!!」
笑えます
怒ったバッファロー提督は9号達を人質に番場さんに決闘を申し込みますが
最初の計画はどうなった
高原牧場に早川健の姿で乗り込む番場さん;;;
何でこの人が番場さんと分からないんだろう、バッファロー提督;;;
こいつ、バカだろう;;;

「さすらいの一匹狼」だそうです、番場さん
(さすらいのヒーロー!じゃないのね、心臓に悪いわぁ~~)

今回も大爆笑ですが、ジャッカーの4人いらないよね
番場さんが立ち回りやっている間に、姫が9号を助ける脚本でも十分だし


第34話「潜入!クライム要塞島」
クライム要塞島に潜入した桜井とカレン。だが、イカルス大王に追い詰められ・・・・・­・
第35話「大勝利!さらばジャッカー」
ピンチを脱したジャッカーは要塞島を破壊し、鉄の爪に最後に戦いを挑んだ!

最終回前後編はシリアス回
これが前半のジャッカーテイストなのかな
しかし、イカルス大王ってバカだと思う
いつもの偵察だっていう鉄の爪の方が常識的

スカイエースがやられてしまい、二人で侵入
捕まったエースを助けて、カレンが瀕死の重傷に
「二人で地中海に行きたかった」
切ないセリフですが
カレンとエース、特につきあっているようには見えなかったけど
お互いに思い合っているっていう場面が前半にはあったのかな???

絶体絶命の所で、ビッグワンが助けに来るが
カレンの手術のためにジョーカーが戻ってくるが
鉄の爪に捕らえられてしまう
またまたピンチ、カレンは本当に死んでしまうのか
人質ごと冷凍にしようと言うビッグワン
随分強引な作戦だが、一応成功
カレンの手術も無事終わって・・・本拠地を攻撃だ
しかし、鉄の爪(変身体は七変化の銅像に似ている;;;)復活!
本部に乗り込み、玉三郎と遭遇
ここが今回のサムネになっているんですね
ビッグワンと対決・・・互角です
で、ジャッカーが戻ってきて
最後の大立ち回り
「ワシの怒りを受けてみよ!!」
鉄の爪のセリフも面白い

でも、シャインって何だったんだろうね
その実態はてこ入れ??

番場さんは変身しなくっても
十分強くて格好いいから
いっそ変身しなくてもよかったかもね
まあ、そうすると、ますます番場さん(早川健)だけがめだちまくるだろうけど
てこ入れで、気の毒だったのは初期の4人
完全に番場さんに食われてしまいました
辛うじて互角だったのは、鉄の爪(アイアンクロー)だけかも;;;
いっそ23話で、番組名も「白い鳥人」に代えて
ジャッカーがビッグワンに使命を託して
残り回は、番場荘吉と助手?の姫玉三郎が事件を解決
というほうが、楽しくて面白かったかも知れない;;;

ジャッカーのまとめは書きません
だって、後半しか見てないし;;;
でも、とても面白かった、ジャッカーの後半
番場荘吉のスーパーマンみたいな活躍はとっても楽しかったし
やっぱりこの方、Mr.ヒーローなんだと思う
V3・風見四郎から始まって、新命明、早川健、そして、番場荘吉と
ステキなヒーローを見せてくれた
やっぱり日本一のヒーローですね
PR
【2013/05/02 22:03 】 | その他の東映特撮 | 有り難いご意見(0)
<<仮面の忍者赤影  赤影 参上!! | ホーム | 赤影 キタ━━━ヽ(*´□`)ノ゙━━━ァ!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>