忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/18 17:15 】 |
その他の特撮もの・・・8  サムライワルダー暁に死す
キカイダー01

結局、名作だというキカイダーは、ハカイダー編だけみて;;;
01をほぼ全話見ることに;;;

浪人武士ロボットとか、ひでえなあ;;;
せめて編み笠だけでもずっと被っておいてよ;;;
低予算に拍車がかかってる;;;

ワルダーさん・・・
「貴様の他に殺されたい人がいたぞ・・・」
ああ、可哀想に
最期まで、ビジンダーには気づいてさえ貰えずに
切ない・・・

サブローさんが
「どうせ殺られるなら、俺はお前に、お前に殺られたかったぜ・・キカイダー」
って、ジローさんの腕の中で死んでいったのよりも
ずっと可哀想だった
少なくともサブローさんはキカイダーと通じ合うものがあったのに対し

ワルダーの想いにビジンダーは気づいてない
あの優しかったワルダーが・・・とか
シャドウのために・・とか
ナレーションも含めて全然違うでしょう;;;

ワルダーさんはあんたのことが好きだったから
一生懸命尽くしたのに・・・
命まで捧げたのに・・・
家宝の刀を渡してくれた時に
(ロボットに家系があるのかなんて突っ込みは無し、
脚本もワルダーを人間だと思ってしまったんだろうし)
なんで気がつかないんだろう・・・

マリさんに微笑んでもらっただけで
あんなに喜んでいるワルダー
でも、ビジンダーの行動は全て01を助けるために

甲斐甲斐しく01の傷の手当てをするビジンダー
それを見せつられるワルダーさん・・・
「とってもお世話になったのよ」
握手を求めるイチロー兄さん
なんて残酷な場面なんだろう

荒れるの当たり前じゃない・・・
でも、イチロー兄さんも、ワルダーの気持ちには気づかない
ハカイダーとビッグシャドウだけかも
ワルダーの想いに気がついているの・・・

ワルダーさんの大切な刀を放り出して戦うイチロー兄さん
でも、イチロー兄さんは
どんな思いでワルダーがビジンダーに刀を渡したか
全く知らないのだ
知っているのは、TVを見ていた子供達(大人達も)だけ

愛する人に、全てを捧げて
そして気づかれもせずに死んでいった
無骨な侍・ワルダーさん・・・
01はお笑い特撮だと思ってたんだけど
ワルダーさんが登場して
メロドラマになったよね・・・
不器用な生き方しかできないワルダーさん・・・
ワルダーさんがいなかったら、
お笑い特撮で終わっていたはずのキカイダー01
たった7話の登場だったけど
サブローさんとは別の意味で
物語の主役に躍り出たワルダーさん・・・
とても人間味があって良いキャラでした

最終回は、光明寺博士が登場
ジローさんもイナズマンの世界から戻ってきました
自分の脳みそが入れられていた人造人間(ハカイダー)と
遭遇して、光明寺博士はどう思ったんだろう
傑作のはずの作品が、見る影もなくなっていたのを
どう思ったのか
博士に聞いてみたいような気がする
ロボット復元器を作らせられるが
細工をしておく光明寺博士
ハカイダーより光明寺博士のほうが一枚も二枚も上手
結局基地は大爆発
前回までの群像劇はすっかり無くなって
普通のヒーローものに
01とビジンダーの目が飛び出したり
ビッグシャドウがハカイダーに「またお前か!」といったり
お笑い特撮に戻ってお終い
強引な終わらせ方だけど、01らしいと言えばらしいかも・・・


ロボット刑事

金塊強奪作戦
ノコギリマンとタイホウマン

刑事物らしい重厚な作り
強奪した金塊を溶かしてタンクローリーで運ぶなんて
なかなか面白い
タンクローリーを見つけたKの前に現れる
タイホウマン
失敗した仲間(ノコギリマン)ごとKを粉砕しようとする
おやっさんも新城さんもケガを
Kをののしるおやっさんだが
早くKと新城さんを一人前にさせたいのだ
契約者の会社を探る新城さん
新城さんのアクションが格好良すぎる
さすがに、ハカイダーと互角に戦っただけありますね(って違;;;)
囮になってタイホウマンをおびき出す新城さん
契約者は捕まえたけど、金塊は半分に
今回は契約者(赤松)も、きちんと契約を守っているところが
良いです
「また大きな仕事の時はよろしくお願いしますよ」という
赤松の言葉もいい

逮捕した赤松を囮にアジトを見つけるKと新城さん

タイホウマンは契約者の安全を守ったり
無一文では・・・と金塊の一部を渡したり
義理堅いし、職人気質でとても良いですね

地獄耳が人質になって、そのせいで捕らえられるKと新城さん
間一髪を救ったのは芝のおやっさん
こういう展開も無理が無く、脚本も練り込まれていて面白い
最期の大立ち回りは
Kがタイホウマンの弱点をついて粉砕

やっぱり子供が絡まない方が面白い
きっとヒーローもの路線と刑事物と
交互に作っているんだろうな
あと、Kの修理場面もよかったです。
PR
【2012/06/04 20:50 】 | その他の東映特撮 | 有り難いご意見(0)
<<01のまとめ | ホーム | ゴレンジャーのまとめ 2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>