忍者ブログ
  • 2019.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/03/21 06:38 】 |
素浪人・・・
赤影さんのチャンバラを見ているうちに

久しぶりにチャンバラ時代劇が見たくなった;;;

ウン十年ぶりかでみた

東映の痛快時代劇 「素浪人 花山大吉」 (時代劇専門チャンネル)

第3話と4話だって

4話には、実写版・忍者ハットリ君の花岡じっ太先生が出てる!

焼津の半次兄さんと

花山(月影)のダンナとの

コミカルな掛け合い

そして豪快な立ち回り

今見ても面白い

赤影さんも里見さんも上手いけど


ダンナの太刀筋は、迫力あるよな~~

あの重そうな長い刀を右手一本で振り回せたり

鉄扇と二刀流だったり

すごいなあ・・・



赤影さんが放送されてた頃

TVは大人の持ち物で

どんなに好きな番組でも、親にチャンネル変えられて

それでお終い

でも、そんな子供が唯一ちゃんと見られたのが、

土曜の夜にやっていた「素浪人 月影兵庫」

ダンナと半次兄さんの二人旅

無敵に強いダンナなのに、猫に弱かったり

結構強くて二枚目の兄さんなのに、蜘蛛が大の苦手

敵も味方もなんとなくシュールでコミカル

戦隊ものの元祖はこの番組にも・・・

ダンナと兄さんの突然の別れに

画面の兄さんと一緒に大泣きした子供の頃

翌週から「花山大吉」が始まって

兄さんが一人じゃないと子供心にほっとした


親に邪魔されずに、(親も一緒に見ていたんだろう)

唯一、堂々と見られた 「月影兵庫」 と 「花山大吉」


「ヒーロー」といわれると、ウルトラマンや仮面ライダーを思い出すけど

子供心に一番印象に残っているのは

ダンナと兄さんだったりする
PR
【2013/06/02 11:41 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<素浪人 花山大吉 5話・6話&1話 | ホーム | 仮面の忍者赤影 妻と娘のために>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>